トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

ひいなめぐり

2019年3月5日(火)

こんにちは。スタッフおけいです。
久しぶりに、晴れて暖かい陽気です。
でも、花粉症の方には、辛い季節ですね。
DSC_0993
[撮影日:2019年2月27日]
さて、3月は、おひな様の季節です。
九州では、各県に「ひなの国九州」として
おまつりが開催されてます。
DSC_0998
[撮影場所:一松邸のおひな様]
大分は、中津、臼杵、日田、杵築で開催されてます。
過日、杵築のひいなめぐりに行ってきました。
DSC_1000
沢山の場所で開催されていて、1日では、周りきれません。
豪華絢爛なおひなさまは、出すのも仕舞うのも大変そうです。
裏方のご苦労を感じながら、見させて頂きました。
DSC_1003
杵築は、珍しいサンドイッチ型城下町です。
DSC_0990
[ひいなめぐり限定メニュー]
大分空港から20分位と近いので是非お訪ね下さい。
観光タクシーもご案内します。
[スタッフおけい]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで。
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net


梅川 壱ノ介舞踊会

2019年2月23日(土)

こんにちは。スタッフおけいです。
急に暖かくなり、梅の花も一気に咲き出しました。
DSC_0975

このおめでたいお名前の「梅川壱ノ介」が
昨年の「ホテル白菊」の舞踊会に続き、今年は、
3月3日(日)、別府「芙蓉倶楽部」において
開催の運びになりました。
DSC_0976
梅川壱ノ介さんは、大分県出身、歌舞伎から日本舞踊家へ
転身。古典や融合作品とコラボなど、新進気鋭な舞踊家です。
共演は、やはり、大分県出身のヴァイオリンの朝来桂一氏
ピアノは久保山菜摘さんです。
ランチは、12:30から、その後、舞踊会でお楽しみ下さい。
ご料金は、5,000円です。
ひな祭りの一日、ご友人をお誘いの上、優雅な1日を
お過ごしになったら如何でしょうか?
[スタッフおけい]

お申込みはトラベルネットまで。
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

ジモ泉復活

2019年2月16日(土)

こんにちは。スタッフおけいです。
寒暖の差が激しい陽気ですが、体調は大丈夫でしょうか?

さて、別府の話題を最近していなかったので、させて頂きます。
DSC_0964
[撮影日:2019年2月14日地獄巡りの定期観光バス]
「ジモ泉」と言う言葉をご存知でしょうか?
「地元の温泉」と言うことです。大体100円位で、入浴出来ます。
初めて入る方は、びっくりされると思いますが。
DSC_0971
[撮影場所:新しくなった梅園温泉]
2016年4月の地震で、崩壊してしまい、地元の熱意で
昨年12月復活した、「梅園(うめぞの)温泉」を紹介したいと
思います。
DSC_0969
[撮影場所:梅園温泉の足湯]
地元の温泉は、高齢化や人手不足で大変な状況です。
でも、100年続いた温泉を絶やしてはいけないと、源泉調査
して、色々な人の思いが繋がり復活したのです。
DSC_0967
[撮影場所:大正13年に建設された駅前高等温泉]
梅園温泉の唄をひとつ
「ここは名高き梅園の道の狭さは日本一
路地裏情緒いっぱいのカラオケ聞こえる
ジモ泉で、別府名湯ここにあり」

ディープな別府をお楽しみ下さい。
[スタッフおけい]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで。
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

俳句の旅

2019年2月9日(土)
今年最強の寒波が到来してますね。
3連休で、お出掛けの方もいらっしゃるでしょうが
交通の運行状況にお気をつけ下さいませ。
さて、別府は、温泉の町ですので、「泉都」と言われます。
今回訪ねた、松山は、正岡子規を筆頭に俳句の町です。
ですので、「俳都」と呼ばれています。
DSC_0931
[撮影日:2019年1月15日]
高浜虚子や河東碧梧桐、今では、毒舌で人気の
夏井いつきさんも、松山です。
松山の中学に赴任した、夏目漱石も親交を深めたようです。
JR松山駅前には、「春や昔15万石の城下哉」の石碑があります。
道後温泉の近くには、「子規記念館」があり、子規の全てを学ぶ
ことが出来ます。
DSC_0928
[撮影場所:松山市駅近くの郵便局]
伊予鉄道の松山市駅近くには、子規堂があり、家が移築され
マッチ箱みたいと言われた、「坊っちゃん列車」も展示されてます。
DSC_0918
[撮影場所:子規堂]
DSC_0917
最後に絶筆3句
「糸瓜咲て痰のつまりし仏かな」
「痰一斗糸瓜の水も間にあはず」
「おとといのへちまの水も取らざりき」
正岡子規34歳の生涯でした。
DSC_0937
[撮影場所:改修中の道後温泉本館]
俳句は、紙と鉛筆と季語本があれば出来ます。
吟行と言う旅もあります。簡単に始められます。
旅と俳句如何ですか?

[スタッフおけい]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで。
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

別子銅山

2019年2月2日(土)
こんにちは。スタッフおけいです。
2月も逃がさないように、過ごしましょう。
明日は、第68回別府大分毎日マラソン大会が開催
されます。今日から、別府は、賑わっています。
お天気が良いことを祈って。
DSC_0908
[撮影日:2019年1月16日]
さて、江戸時代の、金山、銀山、銅山は、ご存知ですか?
佐渡金山、土肥金山、生野銀山、世界遺産の石見銀山
そして、今回の別子銅山です。足尾銅山は、行ったこと
ありましたが、新居浜にある、別子銅山は、数年前に知り
是非、行ってみたいと思ってました。
DSC_0910
[撮影場所:鉱山鉄道の線路]
DSC_0901
マイントピア別子に行く前に、銅山記念館を訪ねました。
住友グループが、建設して無料で、歴史や地質、生活風俗を
学べます。GWには、建物の屋根に、さつきが咲きピンクに
染まるそうです。この時期にもう一度訪ねてみたいと思いました。
DSC_0902
[撮影場所:銅山記念館のつつじの屋根]
マイントピアは、ワンダーランドになっており、食事、温泉、鉱山電車
で楽しむことが出来ます。
DSC_0911
[撮影場所:第四通洞]
東洋のマチュピチュと呼ばれる「東平」の定期観光バスも春先から
運行されます。とても、面白そうです。
是非お訪ね下さい。
[スタッフおけい]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで。
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net


しまなみ海道

こんにちは。スタッフおけいです。
本当に1月は、「行く」という事で、早、下旬になってしまいました。
インフルエンザが猛威を奮っているようですが、
大丈夫でしょうか?
DSC_0868
[撮影日:2019年1月14日]
今回は、外国人にも人気の高いしまなみ海道を訪ねて
来ました。私は、勿論車の走行ですが、外国人は、
寒さに負けず、サイクリングをしてました。
DSC_0880
[撮影場所:大三島道の駅より]
2度目でしたので、今回は、大三島と大島に行きました。

大山祇(おおやまづみ)神社は、海や山の神として、日本総鎮守です。
境内には、樹齢2600年の大楠が聳えています。
DSC_0872

「伯方の塩」で、有名な伯方塩業も、大三島で操業していると初めて
知りました。
DSC_0874
[撮影場所:相撲でも懸賞にある伯方の塩工場]
大島は、村上水軍博物館があり、海賊の歴史が楽しく学べます。
DSC_0883
[撮影場所:大島 村上水軍博物館]
その隣には、海賊のいた、「能島」へ水軍潮流体験で遊覧することも
出来ます。
DSC_0891
[撮影場所:亀老山展望公園]
大島の南端にあり、日本三大急流の「来島海峡」
一望出来ます。
温暖な瀬戸内は、寒い季節にお勧めです。
[スタッフおけい]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで。
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

新春のご挨拶

こんにちは。スタッフおけいです。

七草も過ぎ、お正月気分でもないでしょうが、
今年もよろしくお願い致します。
今年は、平成も終わります。
災害の無い年でありますように。

ところで、JR九州で、やっている「お年玉乗り放題きっぷ」
を利用して、北九州に行って来ました。
特急ですと、小倉まで1時間30分位で行く所を2時間35分
掛けて、各駅電車で参りました。アナウンスされる駅名が
どんな字なのか全く分かりません。古い駅舎に降りてみたい気も
しましたが、電車の本数がないので断念しました。
DSC_0838
[撮影日:2019年1月3日]
門司港駅に行き、巌流島を目指しました。
駅から直ぐの遊覧船乗り場へ。10分の乗船で、
宮本武蔵と佐々木小次郎の「決闘の聖地」へ。
関門橋も望め、風光明媚です。
DSC_0840
[撮影場所:武蔵と小次郎の像]
巌流島の正式名称は、「船島」です。
巌流島は、小次郎の流派の名前です。
吉田松陰や坂本龍馬、斉藤茂吉なども訪ねているそうです。
唐戸市場だけでなく、寄り道クルーズも面白いと思いますよ。
DSC_0835
[撮影場所:覆いがとれた門司港駅]
長年保存修理工事を行っていた、重要文化財の門司港駅の、
覆いが外され、いよいよ3月10日グランドオープンです。
楽しみですね。
DSC_0845
[撮影場所:終着駅門司港のホーム]

[スタッフおけい]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで。
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net


今年一年の御礼

こんにちは。スタッフおけいです。
皆さん口を揃えて仰いますが、1年が本当に早く過ぎます。
特に旅行の手配をしてますと、もう春の旅です。
さて、今年最後のブログは、下灘駅にしました。
DSC_0735
[撮影日:2018年11月29日]
青春18きっぷのポスターや、「男はつらいよ」シリーズにも
使われていたので、一度行ってみたかった場所です。
DSC_0731
四国予讃線(愛ある伊予灘線)にあり、ホームから伊予灘の
海を眺めることができ、鉄道写真の撮影名所となっております。
DSC_0732
人気の、観光列車「伊予灘ものがたり」も停車します。
今は、車で見に来る方が多いので、駐車場所もあり、移動販売の
お店もあります。
DSC_0733
[撮影場所:下灘駅の構内の先のこすもす]
地元の婦人会の方が、花を植えたり、駅舎の清掃をしたり
俳句を展示したりしてます。
DSC_0738
[撮影場所:構内に置かれたLOVEベンチ]
国道378号を走る際には、お立ち寄りする価値があると思います。

今年もお世話になりました。
今年は、12月28日迄営業です。来年は1月7日からの営業となります。
御身体をご自愛なさり、来年もご旅行に行ける1年になりますように。

[スタッフおけい]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで。
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

宇和島の段々畑

こんにちは。スタッフおけいです。
師走に入ったと思いましたら、もう半月が過ぎました。
今年の漢字は、「災」ですね。
来年は、新元号になりますし
安心して、ご旅行に行ける1年でありますように。
DSC_0702
[撮影日:2018年11月29日]
さて、以前から行きたかった、「遊子水荷浦」の段畑に行って来ました。
何と読むか分かりますか?「ゆすみずがうら」と読みます。
宇和島市内から40分くらいです。行く途中にもありますが
こちらの段畑は、圧巻です。ピラミッドのように、聳えています。
DSC_0714
[撮影場所:途中の道路からの景観]
30度の急斜面に開墾された段畑が広がり、目の前には、
リアス式海岸が一望出来ます。
DSC_0705
[撮影場所:登り口からの景観]
今は季節柄、何も植えられていませんが、綺麗に整地されています。
じゃがいもは、大変美味しいそうで、人気があるそうです。
午前中は、漁に出て、午後は畑を耕すそうです。
やはり、こちらも高齢化が進み、耕すのも重労働ですが
頑張っていらっしゃいます。
DSC_0713
重要文化的景観の選定も受けていますので、是非訪れて
下さい。一見の価値があります。

[スタッフおけい]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで。
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net



京都・近江路紅葉三昧

2018年12月5日(水)

スタッフまりです。

12月に突入した途端、20℃以上の暑さ、なんなんでしょうか?
週末は平年並みになるようですが・・・。

今日は「京都・近江路紅葉三昧」の2回目です。
今回の旅行の目玉である「永源寺と湖東三山の紅葉ツアー」に参加してきました。
アクセスが悪いのでこの時期出てる紅葉シャトルバスが大変便利です。
午前中二寺、午後二寺、紅葉真っ盛りでした。

まずは永源禅寺。
DSC_2974
(2018年11月26日撮影)
永源禅寺の本堂にたどり着くまでの階段は凄かった。

バスのガイドさんが「一寺目の永源禅寺は今日のお試しです。
湖東三山は名前の通り山ですからお覚悟お願いします」
って。
でも苦労の先の景色は最高でした。モミジとカエデの紅葉真っ盛り
こんにゃくが有名らしく赤い鉄分が入ったレンガのようなこんにゃく
沢山売ってました。

二寺目は湖東三山の一つ目百済寺。ひゃくさいじと読みます。
三寺目は西明寺。
この二寺もすさまじい階段を上ります。
紅葉はこの通り
DSC_3026

DSC_3065

DSC_2994

西明寺の境内にはこの時期「不断桜」が開花します。
今年もこの通り!紅葉と桜のコントラストが見事です。
DSC_3020

最後は「金剛輪寺」です。
ここは紅葉は「血染めのもみじ」で有名です。
DSC_3056

DSC_3050

京都の紅葉もすごいですが、湖東三山の紅葉は
自然の中にあるんです。
周りは田畑ばっかりでビルなんて探してもありません。

すごい階段と坂道ばっかりでしたが、素晴らしい紅葉が見れて
最高でした。
しかし足腰が丈夫な内でないと参拝できません。
最後の金剛輪寺の下り階段を下りる時は膝が笑いました。

最終日はまた京都の紅葉に出かけます。


[スタッフまり]



ご旅行のご相談はトラベルネットまで!
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net


プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ