トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

路面電車

2018年5月26日(土)

別府は、雨模様です。でも雨も必要ですね。
雨不足は、作物にも生活にも影響が出ますから
忌み嫌うことなく楽しみましょう。
IMG_20180514_090758
[撮影日:5月14日]
IMG_20180514_090744
[撮影場所:長崎駅前の高架橋より]
さて、私は電車が好きです。路面電車が走る街は
乗車したくなります。
IMG_20180514_155052
[撮影場所:熊本市内を走る]
九州では、長崎、熊本、鹿児島に走っています。
IMG_20180514_163907
[二つと同じ車両はありません]
どこも、観光場所に行くのに便利です。車で出かけても
駐車場に置いて、乗車することをお勧めします。系統も
2つ〜4つで分かりやすい。地元の人をウオッチング出来る。
IMG_20180514_173426
[熊本市はハイデルベルクと姉妹都市でドイツが案内されてます]
又、1日乗車券が格安で、入場料も割引になります。
迷いながら、探していると住んでいる気分も味わえます。
雨なら車窓の旅も乙なものです。
IMG_20171204_124715
[鹿児島の老舗デパート山形屋と市電]
IMG_20171203_170832
[撮影場所:終点基地鹿児島駅]
全国に21ケ所走っているそうです。観光地が多いですから
是非お訪ね下さい。レトロな路面電車が多い中、私は、富山の
ライトレールに乗車してみたいです。

[スタッフおけい]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで。
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net





MSCスプレンディダ横浜〜上海ショートクルーズ(2)

こんにちは、トラベルネットゆきです。

今回も、MSCスプレンディダのご紹介の続きです。

メインロビーを抜けて、先ずは自分たちの客室へ。
キャビンの種類は「バルコニー付きキャビン ベッラ」です。

20180515180347_IMG_0975
〔撮影日:2018年5月15日〕

落ち着いた雰囲気の客室です。
ベッドはご要望に応じて、ツイン・ダブルベッド選べます。

20180515145553_IMG_0934

壁のデザインがアジアン風になっていました。

壁に掛けられているテレビは、テレビ番組(日本の番組は少しでした)は勿論、船内の情報やデッキの様子が見れる様になっています。
航路のチェックも出来るようになっていました。

ベッドの上には、プールで使うビーチタオルもセットされています。

20180515145710_IMG_0939
20180515232220_IMG_1005
ユニットバスは綺麗に清掃されており、気持ちよく利用ができました。
バスタブ付きで快適に過ごせます。

20180515231828_IMG_1004
ベッドサイドのドレッサーには、ドライヤーやポットがあります。
コンセントも日本のものがそのまま使えるものがあり、スマートフォンやカメラの充電も出来ました。
USBが使えるようにもなっています。

20180515145640_IMG_0937

20180515145647_IMG_0938

バルコニーに出ると、ちょうど救命ボートの真下でした。
救命ボートも近くで見ると大きいです。
バルコニーからは、出発前のベイブリッジが見えます!

バルコニー付きキャビンは、自分だけの空間で潮風を感じながら寛げるのでオススメです。

その他にも客室タイプは、内側キャビン、オーシャンビューキャビン、展望窓付きスイート、バルコニー付きスイート、デラックススイート、エグゼクティブ&ファミリースイート、ロイヤルスイートなどご希望に応じてございます。

ご希望やご予算に応じて、お客様それぞれに合った客室を選べます。

お部屋で少しゆっくりして、次は船内を散策に続きます。


[スタッフ ゆき]

ご旅行の相談なら、トラベルネットへ!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2018年5月25日(金)

MSCスプレンディダ横浜〜上海ショートクルーズ(1)

こんにちは、トラベルネットゆきです。

先週、MSCスプレンディダに乗船してきたのでご紹介です。
MSCクルーズとして初の日本発着を実施したMSCスプレンディダ。
洗練されたイタリアン・デザインと、地中海スタイルの明るく陽気なサービスが楽しめます。

今回私が乗船したのは「横浜〜上海片道ショートクルーズ3泊4日」です。
横浜から上海まで寄港地無しでノンストップ!
終日クルーズが2日間、船内をゆっくり堪能してきました。

DSC_2359
〔撮影日:2018年5月15日〕

横浜の「大黒ふ頭」より乗船です。

MSCスプレンディダは、
13万7936トン、全長333m、最大乗客数4363人、デッキ数18階、客室数1637室

全長は東京タワーと同じ。
高さがあり、ベイブリッジを潜れないため大黒ふ頭に停泊したそうです。

近くに来たら、とにかく大きくてビルみたい!
乗船前からワクワクです!!

乗船手続きをして船内へ。
少し早めに到着したため、手続きもスムーズに行われました。

20180515162644_IMG_0968

メインロビーです。

20180515162707_IMG_0969
スワロフスキーが敷き詰められた階段、キラキラ光って綺麗です。

20180517163006_IMG_1074
スワロフスキーが入ったピアノもロビーの中心にあります。
夕方から毎晩ピアニストの素敵な演奏が聴けます。

DSC_2369

豪華なメインロビーを見ただけで、別世界に来た気分です…!

そんなメインロビーを通って、先ずは自分のキャビンへ向かいます。

[スタッフ ゆき]

ご旅行の相談なら、トラベルネットへ!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2018年5月24日(木)

熊本城

2018年5月19日(土)
風薫る5月は、寒かったり、暑かったり
気候の変動が激しいですから体調の管理に
ご注意下さい。
IMG_20180515_093420
[撮影日:5月15日]
さて、今週、熊本に出掛けてきたので熊本城のご紹介を
させて頂きます。
ご存知かとおもいますが、2016年4月の地震で、天守閣が
崩壊しました。約400年前に7年の歳月をかけ、加藤清正が
難攻不落の城を造ったのですが、火事や地震には勝てません
でした。
IMG_20180515_091623
IMG_20180515_094100
震災の後初めて行きましたが、現在見学エリアが、狭まれていて
遠くからご見学するのみです。一生懸命重機を入れて
復興の槌音が、響いています。全ては、20年後になるようですが、
来年、ラグビーの世界大会が開催されるので、それまでには、
天守閣だけでも、入場出来るように進めているそうです。
IMG_20180515_094455
[撮影場所:全て熊本城]
桜の馬場城彩苑では、無料ガイドさんが、1時間位ご案内してくれます。
IMG_20180518_092728
[撮影:寄付をすると色々特典もあります。]
1万円から、熊本城主にもなれる募金もあります。
応援を込めて、熊本城をお訪ね下さい。

[スタッフおけい]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで。
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

うみたまごの可愛い生きもの達

2018年5月18日(金)

スタッフまりです。

GW明けの平日、「ハーモニーランド」行きが雨のため
「うみたまご」に変更になり出かけてきました。
GW終わったし雨降ってるしで少ないだろうと思っていたら、
なんと沢山のお客さんにビックリ!

今回は中の展示で変わり種の紹介です。

「アカクラゲ」(別名手毬)
長〜い触手をたなびかせて泳ぐ姿はとても優雅です。
DSC_2083

「ミズクラゲ」
日本近海にいる普通のクラゲです。
DSC_2086

「チンアナゴ」
ウナギ目アナゴ科ですって!
DSC_2099
さんご礁に隠れて生息しているらしい。
名前の由来は顔つきが犬の「チン」に似ていることから
つけられたそうです。

DSC_2104
光に反射してとても幻想的でした。

DSC_2078



ずっと見てても飽きないわ!


〔スタッフまり〕


ご旅行のご相談はトラベルネットまで!
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

門司港レトロ散策(2)

こんにちは、トラベルネットゆきです。

今日は、門司港レトロ散策のご紹介の続きです。

門司港駅から散策しながら、に向かい、付いた港は強風の影響で前に進むのも困難な状態に。
そんな中で、散策を続行です。

DSC_2215
〔撮影日:2018年5月4日〕

「旧門司税関」です。
明治45年に建てられた建物です。
昭和初期まで、税関庁舎として使用されていたそうです。
1階は休憩室や喫茶店、税関展示資料室があり、3階ははね橋を一望出来る展望室になっています。

強風の影響か、休憩している方々のが沢山いました。

_20180510_210502
旧門司税関の向かいにあるのは、「国際友好記念図書館」です。
中国の大連市と門司港の友好都市を記念して作られた建物です。
大連市に建築した東清鉄道汽船事務所を、そっくり
そのまま建築したそうです。

_20180510_210617
図書館の奥にある「門司港レトロ展望室」です。
31階にある展望室に行ってみました。

DSC_2223
門司港一帯を見下ろせます。
DSC_2227
丁度「はね橋」が上がるタイミングで、遊覧船が橋を通過していました。

DSC_2232
関門海峡が一望出来ます。
関門橋や、小さくですが赤間神宮もみえます。

DSC_2222
対岸の下関も綺麗に見えました。
関門連絡船が渡っています。

展望室には、カフェがあり休憩スペースもあるので、ゆっくり景色を堪能できました。

DSC_2236
展望室から降りると、ブルーウィングもじ(はね橋)が綺麗に上がっていました。
1日に6回開閉するそうです。
この跳ね橋が降りてから最初に渡ったカップルは一生結ばれると言われています。

門司港レトロ散策、約1時間30分ほどの時間で駆け足で散策しました。
今度は、ゆっくり1日かけて下関側にも行ってみたいですね。

[スタッフ ゆき]

ご旅行の相談なら、トラベルネットへ!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2018年5月11日(金)

門司港レトロ散策(1)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
ゴールデンウィークも終わり、別府の賑わいも落ち着いてきたように感じます。

今回は、門司港レトロのご紹介です。

門司港レトロは、北九州の小倉駅よりJRで14分ほどで門司港駅に着きます。

門司港駅はレトロな木造建築になっており、国の重要文化財に指定されています。
現在駅舎の工事が行われており、残念ながらその姿は見れませんでした。

工事の完了は平成31年度を予定しているそうです。

DSC_2203
〔撮影日:2018年5月4日〕

駅の前にある「バナナの発祥の地碑」は、ひっそりとありました。

DSC_2205
次に向かったのは「旧門司三井倶楽部」です。

アインシュタイン夫妻が宿泊したことがある、三井物産の接客・宿泊施設として建築されたものです。
1階にはレストランや、門司港観光案内書があり、2階はアインシュタインメモリアルルームがあります。

_20180510_220347

港に出ると、一際目立つ建物があります。
「プレミアホテル門司港」です。
門司港レトロの中心的な位置にあり、関門海峡が一望出来るホテルです。

建物の外観を、門司の鮫に見立ているそうです。
…フグかと思っていましたが、まさかのサメです。

面白いデザインのホテル、是非宿泊してみませんか?

_20180510_210251

プレミアホテル門司港の付近には、門司港のゆるキャラ「じーもくん」がいます。

DSC_2201

更に「バナナマン&バナナマン・ブラック」と言う、ゆるキャラ?の像もありました。

駅から徒歩圏内に見どころいっぱいの門司港!
次回に続きます。


[スタッフ ゆき]

ご宿泊ホテルのご予約から、交通の手配まで
承っております。
ご旅行の相談なら、トラベルネットへ!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2018年5月10日(木)

パノラマシートから見える風景

2018年5月7日(月)

スタッフまりです。
お天気続きのGWも終わり、一転大雨の週明けです。

先日「あそぼーい」のパノラマシートに乗る機会があったので
パノラマシートから見える風景を紹介します。
DSC_2162

別府駅でのお見送りです。
DSC_1965
 
大分駅構内に向かっています。
この車窓からの風景はなかなか見れないと思います。
運転手になった気分です。
DSC_1966

特にトンネルに入るときと出る時!
DSC_2038

DSC_1996

DSC_2000

豊肥線の無数のトンネルを過ぎて、阿蘇駅到着です。
DSC_2022

DSC_2016

渋滞とは無縁、のんびり田園風景を眺めながら
片道2時間ちょっとの列車の旅。
十分楽しめました。

なお運転席はパノラマシートの後ろ2階席にあります。


[スタッフまり]


ご旅行のご相談はトラベルネットまで!
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net


阿蘇神社

2018年5月5日(土)
こんにちは。GWを楽しんでいますでしょうか?
先日、阿蘇に出掛けて来ました。
IMG_20180430_140329
[撮影日:2018年4月30日阿蘇神社の鳥居]
阿蘇神社は、5年位前に行ったことがありましたが、
楼門が倒壊してから、初めて行きました。
全く様子が変わっていて、びっくりしました。
IMG_20180430_124231
[撮影場所:阿蘇神社楼門跡]
倒壊様子は、写真パネルで見ることが出来ます。
今は、片づけられ基礎のブロックがあるのみでした。
IMG_20180430_124216

長い歴史を誇る阿蘇神社。全国の約450ある総本社として
厚い信仰を集めています。
宮地駅から、歩いて行く途中「日本三大楼門阿蘇神社」
の看板が、悲しかったです。
早い復旧を願いました。私は、お賽銭を少し多めに入れてきました。
IMG_20180430_151334
[撮影場所:車窓からの阿蘇の山]
別府から、日帰り観光タクシーのご予約も承っています。
7時間あれば、阿蘇外輪山の雄大な景色を眺めながら
観光頂けます。

[スタッフおけい]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで。
お待ち申し上げております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net


「あそぼーい!」で別府から阿蘇へ(2)〜阿蘇門前町水基巡り〜

こんにちは、トラベルネットゆきです。

明日からゴールデンウィークの後半が始まりますね。
別府もGWの観光客で賑わっています。


今回は、別府からあそぼーい!で行った阿蘇の観光のご紹介です。

私たちは、あそぼーい!で終点の1つ前の駅「宮地駅」で下車しました。

DSC_2164
〔撮影日:2018年4月30日〕

宮地駅は、阿蘇神社や阿蘇門前町に行く最寄り駅です。
宮地駅から、徒歩約15分もしくは、バス約5分で阿蘇神社前に到着します。

_20180501_224957
阿蘇神社の横の参道は「阿蘇門前町水基巡り」として有名です。
ゴールデンウィークですので、もっと混雑しているかと思いましたが、そこまでの混雑は無かったです。

_20180501_225053
端午の節句の、のぼり旗と鯉のぼりが泳いでいました。

DSC_2179
門前町の至るところに湧水が湧いており、冷たい透き通った水が流れています。

DSC_2174

_20180501_225417
たくさんある水基は、それぞれ名前がついてあるのですが一つ一つが個性的で面白いです。
上の水基は「文豪の水」です。

門前町商店街では、土産物や食べ歩きフード、カフェなどのお店があり、水基巡りをしながら散策に丁度良いです。

DSC_2176
門前町の途中に矢村神社と言う看板を見つけ、進むと大きな公孫樹( いちょう)の木がありました。
御神木でしょうか?
紅葉の季節はとても綺麗でしょうね。

阿蘇門前町水基巡り、昼食と散策時間を合わせて約1時間30分ほどでした。
早足での散策でしたので、ゆっくり散策をする場合はもう少し時間をとる事をオススメします。

次は、阿蘇神社へ続きます。


[スタッフ ゆき]

ご旅行の相談なら、トラベルネットへ!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2018年5月2日(水)
プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ