トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

時差ボケ

イングリッシュベイ到着後、一休みして向かったのはグランビルアイランド。イングリッシュベイを歩いてミニフェリー乗り場へ。3分程でグランビルの公設市場に到着です。大人往復C$5のミニフェリーはとっても便利。
初海外旅行のYUKIちゃんとFUMIくんは、飛行機の中でも眠れなかった事もあり、時差ボケ気味で、いまいち元気不足。

ミニフェリー






夕食を済ませてベッドに入った二人は、夜中の1時半頃「おはようござます」と起きて、それからが遊びモード。明け方までトランプで盛り上がって大騒ぎでした。
これで明け方から一眠りしたら、時差ボケも解消です。 〔ちゃちゃ〕

バンクーバーの市バス

ようやく入国スタンプをもらって荷物を受け取ると、迎えに来てくれたMASAMIちゃんは、日本にいた頃とは別人になっていて、「もったいないでしょ!」という言葉を連発して、タクシーにもリムジンバスにも乗せてはくれません。添乗員として同行する場合は、空港に貸切バスが迎えに来るので、荷物運びの腕力なんて鍛えていないのに、自炊用のお米やうどんが入った重たいスーツケースを引きずりながら、路線バスを3つ乗り継いでダウンタウンへ。
市バスカナダ人の「すぐそこ」は「徒歩
30分」っていうけど、距離感と国土面積は比例するのかしら?そんな事を考えながら、車内の様子を見ていると、おばあさんが乗り込んで来たら素早く席を譲る青年とか、ベビーカーごと乗ってきて、「ベビーの様子が見やすいこの席に座りたいから、別の席に移って下さい。」と前から座っている人に依頼するママとか、貸切バスに乗っていては見られない日常生活が見られるのが面白いかも。重たい荷物さえなければ・・・ですが。市バスの料金はバンクーバー市内の移動であれば、C$2.25。90分間は乗り換え自由で安いですね。〔ちゃちゃ〕


 

誘拐犯?

 休暇を取り、中学生の姪のYUKIちゃん、小学生の甥のFUMI君、それからバーゲンセールに燃える大学生のRISAちゃんを連れて、クリスマスをバンクーバーで過ごそうと、12/22に関西空港からエアカナダで出発しました。
機内未成年者だけの旅行では必要な「両親の旅行許可書」も、叔母である私が一緒だから「い〜らない!」と、お気楽に並んだ入国審査で想定外のNG。
イミグレーションオフィスに入ってから、何を疑われているのかが分かりました。
「あなたの子供?」
「両親とのトラブルはない?」
「あなたは今年3度目のカナダ入国だが、1月の入国スタンプがないのは何故?」
「あなたの海外渡航回数が多いのは何故?」
席を離れた間に、子供達に「彼女は本当に叔母さんなの?」と尋ねたり。
あれっ?もしかして誘拐犯とでも?
復路航空券と滞在先の確認が取れて、ようやく押してもらった入国スタンプ。いつもは当たり前のように押してもらっているスタンプって、実はとってもありがたいものだったのね。
YUKIちゃん曰く「二度と会いたくない怖いおじさん」の係官も、最後は笑顔で「良いクリスマスを!」って言ってくれたけれど、YUKIちゃんとFUMI君の初海外旅行は、どうも珍道中になりそうな予感。    〔ちゃちゃ〕

九重の温泉

九重の温泉もうすぐ紅葉シーズンの九重の九酔峡近くにある「花別荘」にある温泉です。
小さな露天風呂の他に、家族湯や温泉プールもあります。
料金は家族湯が1時間1000円、露天風呂が300円。
茶色くにごったお湯は肌に優しい感じで、山の景色を見ながらの入浴はリラックスできました。

〔ちゃちゃ〕

酸素バーと岩盤浴でデトックス

初めて『酸素バー』をTVで知ったとき、「酸素吸うのにお金払うの?都会は大変だね。」と思いました。
でも、ネットで『疲労回復』『脂肪燃焼効果』『美肌効果』があると目にした途端、「お金払ってまで吸う酸素って、ありがたそうだね。」に気持ちが変化。
時々訪れる岩盤浴“石畳乃癒”にアロマ酸素バーがあると知って、行ってきました。
アロマ好みのアロマを選んで、リラックスしながら、ゆっくり高濃度酸素を吸入すると代謝が良くなって、それから岩盤浴に入ると効率よく汗をかくとか。
自分にとって都合が良い事は信じるたちなので、即実行、15分300円の酸素です。
それから1300円の岩盤浴で、水分を補給しながら横になるだけで、1ヶ月分の汗をいっぺんにかいた気になってスッキリ。あとは、20分200円のマッサージ機にかかって、合計1,800円也のリフレッシュタイム終了。

すっかり『酸素バー』にはまって、「これはトラベルネットの事務所にも導入しようかな。」とネットで調べてみたら、検索結果は774,900円!
・・・15分300円に軍配。 

〔ちゃちゃ〕 
 

ロクシタンのエステ

1年ぶりにベトナムへ行ってきました!

値段優先のショッピング、マッサージ、エステと欲張りな私を受け入れてくれるホーチミンシティです。
中でも大満足なのが、ロクシタンのエステ。
長時間のフライトで乾燥しまくりの肌に、ロクシタンのシアバターは欠かせないアイテムですが、日本で購入すると小さな8ml入りで945円なので、エステなんてとても、とても・・・。
でも、ベトナムなら大丈夫!
120分のフェイス&ボティのパッケージが39USドルで、フェイスだけだと90分で22USドルから。

予約せずにホテルニューワールドのロクシタンに行ったところ、
「今日はできない。」と言われて、頭が一瞬真っ白。
予約手配がお仕事のはずなのに、自分の事になると計画性がなく、思いつきで行動してしまう自分が悲しい。
「明日帰国するから。」と諦めかけたところ、
「車で10分位の別店舗ならできる。」とのこと。それを早く言ってよね〜。
なんと、ホーチミンシティにはロクシタンが7店舗もあったのです。

タクシーで約10分で3/2通り店に到着。お店の前で店員さんが待っていてくれました。こちらは、ショップの2階がエステになっていて、バラの花びらが浮いたジャグジーなんかはありませんが、こじんまりしたエステルームは清潔で高級感があります。

「次回休みが取れたら、ホーチミンシティでエステ三昧しよう。」とか考えているうちに熟睡モード。120分のうち90分以上眠っていたけど、幸せ時間でした。

日本語を話せるスタッフはおらず、予約は英語になりますが、店舗に行くと日本語で書いたメニューがあります。
乾燥肌の方には特におすすめしたいエステです。

ロクシタン

 

 

〔ちゃちゃ〕

 

別府市営温泉「テルマス」

テルマス国道10号線沿いの市営温泉「テルマス」に行ってきました。ジャグジー、蒸し湯、ミストサウナ、露天風呂等があり、シャンプーやボディーソープ、洗面器などは備え付けなので、持って行くのはタオルだけ。休憩室もありますし、500円でゆっくりできました。
水着を用意して行けば、開放的な屋外健康浴を楽しむ事ができたのに・・・残念。ここは、海岸に面しているので海を見ながら水中ウォーキングが出来るんですよ。温泉三昧の毎日を過ごすのが夢の
〔ちゃちゃ〕でした。

 

ばぁばと一緒に田舎の温泉〔風の郷〕へ

風の郷風の郷は大分県の山香にある、山間にある温泉です。
宿泊施設もありますが、泊まらなくても温泉は利用可能で、今回は祖母を連れて行って来ました。

うちの「ばぁば」は92歳なんですが、温泉や旅行が大好きで、誘うと「行く!」と即答。
我が家の旅行好きも遺伝なんですね。

別府を出発して30分程で風の郷に到着。
モダンな和風木造建築で、かた過ぎずやわ過ぎずの落ち着く雰囲気の建物でした。

温泉は当日券400円と、とてもリーズナブル。鍵付のロッカーも無料です。
シャンプー、ボディソープは備え付けのものがあります。
肝心の温泉は、ジェットバス付から水風呂、サウナに露天、打たせ湯に桧の香りを楽しめる桶風呂と多彩で満足できるものでした。
さらに露天風呂の横にある桧の椅子でのんびり日光浴、お風呂のあとにはマッサージチェアでうたた寝・・・。

ここは一日交代で男湯と女湯が入れ替わるので、1泊すると次の日には別の風呂を楽しむことができます。
宿泊も洋室、和室、コテージとあり、温泉と合わせて「ゆっくり家族でのんびり」したい気分になれるのが一番のポイントでした。

ばぁばも満足して、帰りに大好きな山香牛を食べて帰宅。
「次は九重の温泉に行こうね。」と話していると返事は「いつ?」
温泉、旅行、肉が好きな92才は既に次の計画を練っているようでした。

 〔らっきー〕

別府の共同温泉

富士見温泉トラベルネットから一番近い共同温泉「第一富士見温泉」です。
別府市役所のある富士見通りにあり、富士見4丁目バス停の前に位置する、シャワーも備え付けの洗面器やせっけんもない古いスタイルの温泉ですが、一般の方も100円で入れます。
こじんまりとしていて7、8人でいっぱいになりますが、そんな事はめったになく、時間帯によっては貸切湯状態で独占できる事もよくあります。
11:00〜14:00は清掃中で入れませんが、昼間の時間帯は空いていておすすめですよ。〔ちゃちゃ〕

旅行の楽しみ

旅行にも色々な目的とそれに合った楽しみ方があると思います。
思いっきり遊びたい時は南の島でマリンスポーツとか、のんびりしたい時は別府温泉!(笑)

私は、仕事中の気分転換や運転中に音楽が欠かせませんが、世界の民族音楽とか色々な楽器の演奏を、旅行先で聞けるのも楽しみの一つです。

先日、ホテルニューツルタでケーナとサンポーニャのコンサートがあると聞き、いそいそ出かけました。
瀬木貴将氏の演奏に引き込まれ、目を閉じると心はすっかり南米へ。アンデスの風に吹かれながら流れてくるフォルクローレを聴いているみたいな・・・。CDを買って帰り、地図やパンフレットを広げて行程を考えます。
旅行って、ワクワクしながら計画する時から始まりますね。

〔ちゃちゃ〕

プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ