トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

ザグレブからプリトヴィッツェへ向かう途中のラストケ村  〜クロアチア〜

10月5日

ザグレブを出る頃に降り出した雨も、移動中に上がりました。
ザグレブからプリトヴィツェ湖群国立公園へ向かう途中に立ち寄ったラストケ村は、滝に浮かぶ桃源郷です。

ラストケ村ラストケ村
マイナスイオンが溢れています。

ラストケ村
水辺でたたずんでいると、時間が止まっているみたい。

ラストケ村ラストケ村
こんなB&Bに泊って1週間位のんびり過ごしてみたいものです。

[ちゃちゃ]

ザグレブ  〜クロアチア〜

10月5日

かぶれた顔も何とかメイクできる程度に回復して、やれやれ・・・。
朝食後、ザグレブのホテル周辺を歩いてみました。

ザグレブシェラトンホテル
シェラトンホテル

ザグレブザグレブ
重厚な建物なのに、落書きが多くて残念。

ザグレブ
クロアチア美少女です。

ザグレブ
シェラトンホテルの正面に銀行があったので両替してきました。
日本円から両替できます。
クロアチアの通貨はクーナです。

[ちゃちゃ]

オバケ添乗員、ザグレブへ 〜クロアチア〜

10月4日

お客様は、特に旅行前には、慣れない化粧品は避けているとの事。
丈夫な肌を過信していた事を反省
すっぴんにマスク姿で、「昨日よりは良くなったよ。」と慰められながら、ホテル日航成田9:00発の送迎バスで成田空港へ。

チェックイン時に、エコノミークラスがオーバーしているので、
追加代金5万円でビジネスクラスに変更できると言われ、お客様へご案内すると、
「ラッキー」と変更。
追加代金は現金でもカードでもOKです。

【全日空201便】
成田空港(11:35発)  → ロンドン・ヒースロー空港 (16:00着) 時差8時間 <サマータイム>

所要時間12時間25分のロングフライトです。

いつもは大敵の機内の乾燥状態が、私のオバケ顔には良かったらしく、ロンドン到着時にはだいぶ良くなっていました。

ヒースロー空港はとにかく広いので、乗り換えは大変そうですが、到着と出発のターミナル番号を確認しておけば難しくはありません。
紫色の「Flight Connections」の表示を追いかけていきます。
私たちは第3ターミナルからバスで移動して第5ターミナルへ。

ロンドンからクロアチアのザグレブへ向かいます。

【クロアチア航空491便】
 ロンドン (20:00発) →  ザグレブ (23:15着) 時差1時間

到着後、タクシーで市内のシェラトンホテルへ。

002003
夜中に到着すると、滞在時間が短くなるので、グレードの高いホテルはもったいない気もしますが、
隣の部屋の物音やシャワーの音が聞こえず熟睡できるので、明日からの元気のためには良いと思います。
グッスリ眠れば、時差ボケも解消です。

長い1日が終わりました。

[ちゃちゃ]

オバケ添乗員、成田へ

10月3日

「少しは赤みが引いた気がする」と言う程度の顔をマスクで覆って、
スタッフ真里ちゃんのプリウスでトラベルネットから出発。

【高速バス】
別府(15:00発) → 福岡空港(17:00着)

【全日空266便】
福岡空港(18:35発) → 羽田空港(20:10着) 

【ホテル日航成田リムジンバス】
羽田空港(21:00発) → ホテル日航成田(22:10着)

福岡発の便はポケモンジェットでした。
羽田空港から成田空港へのリムジンバスは3,000円ですが、
ホテル日航成田は、宿泊者向けに羽田からリムジンバスを運行していて、こちらを利用すると2,000円です。

「新陳代謝が良いと、治りが早くなるはず。」と藁にもすがる思いで、
ホテルのお風呂に、塩をドバ〜ッと入れて長風呂して就寝

[ちゃちゃ]

オバケ添乗員になっちゃった!

10月2日

2日後にヨーロッパ出発を控えて目覚めた時、顔に触れてみると何だかおかしい。
鏡を見て「うわぁぁぁ〜!」
顔中吹き出物で赤くなりブツブツだらけ。

数年前、ハワイで麻疹にかかったお客様が搭乗拒否され、滞在延長した事があります。
あの時のお客様を上回る私の顔

病院へ飛んで行き、
「ステロイド剤軟膏はシミになるから、飲み薬だけ出しますね。」とおっしゃる先生に、
「添乗員が搭乗拒否されたら困るので、早く治るなら、シミになってもシワができても構いません。」と哀願。

原因は、頂き物のクリーム。
どこの国の化粧品でも、殆どトラブルの無い丈夫な肌を過信していました。
旅行前に化粧品を変えるのはタブーですね。

ネットで、かぶれの対処法を検索してみたものの、即効性のあるものがあるはずもなく、
祈るような気持ちで薬を塗って、アイスノンで冷やしながら寝ました。

[ちゃちゃ]

国東半島(くにさきはんとう)の泉福寺(せんぷくじ)に行ってきました

スタッフ やっっポ〜です。
今回は、少し足をのばして、国東半島(くにさきはんとう)の
六郷満山(ろくごうまんざん)の一つである、泉福寺(せんぷくじ)
に行ってきました。

※別府駅から55Km, 車で約1時間40分位
※大分空港から18Km、車で約20分位

入口
入口(山門前の門)です


奥入口
山門が待ち構えてました


仁王像
仁王像が出迎えてくれます
向かって右側が阿行(口開けてます)、左側が吽行
阿吽の呼吸(あうんのこきゅう)で息ピッタリでした


建物1
これは?? 勉強不足で・・・


裏から全体
茅葺屋根の大雄殿を眼下に眺めて、素晴らしいの一言

最後に、このお寺は九州曹洞宗の総本山で、
無著妙融(むちゃくみょうゆう)禅師が開山したそうです。
また、最近までは、「全国こども電話相談室」で有名だった
無着成恭(むちゃくせいきょう)先生が住職をなされていた
そうです。無著に無着とはご縁があったのかなあ。


別府秘湯 鶴の湯へ行ってきました

スタッフ やっっポ〜です。
先日、別府秘湯の「鶴の湯」へ行ってきました。
もうすでに、先客がいっぱいでした。

※別府駅から10Km 25分位のところです。

ここは、県外からの来る方が良く知っている場所です。

鶴の湯1

※無料です。
透明感のある、気持ちい良〜い温泉です。

地元の有志の方々が毎年、整備されていますので
感謝して入りましょう。


鶴の湯 周りの景色2

入浴場所からの周りの景色です。
完全な露天風呂


鶴の湯 周り景色1

開放感は最高です。
ヤッホ〜〜。

スタッフ やっっポ〜でした。

羽室御霊社(はむろごりょうしゃ) へ行ってきました

スタッフ やっっポ〜です。
今日は、平安時代末期に活躍した、弓の達人
源為朝をまつった羽室御霊社へいきました。

※別府駅から約7Km(車で20分位)
 また、鉄輪温泉地区からだと、約1Km位かな

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%82%BA%E6%9C%9D

羽室の全景


周りは、農家と民家があって、突然現れる感じです。
入口は、鳥居(ちっちゃいけど)があって、ここからは
神聖な場所ですヨ。と無言のメッセージが・・・

御霊社の説明

御霊社のご説明文です

神社がいらっしゃる所

この右側の建物におまつりされています。

竈門氏のお墓大きい

また、この場所は鎌倉時代から室町時代にかけて
竈門荘を支配した竈門氏の墓地古墳群(県史跡)で
境内に、五輪塔、国東塔・板碑などがあります。
そのなかの4基です。

竈門氏の説明看板

墓地古墳群の説明文です

狛犬

境内から後ろを振り返ると、狛犬がちゃんと守っていました。
狛犬って、どうみても犬には見えないなあ。と思っていたら、
これは獅子=ライオンのことらしい。

沖縄でもシーサーが守っているし、エジプトにも
スフィンクスが守っているし・・・
これって、起源は同じところ?・・歴史を勉強しようっかな。

やっっポ〜でした。



飲める!別府の観海寺温泉 薬師湯

スタッフ やっっポ〜です。

今日は、美味しくて健康にも良い、飲湯ができる
観海寺温泉エリアにある薬師湯の「薬師堂」に立ち寄り
ました。

※別府駅から4km 車で20分位で行けます。
杉乃井ホテルが目印です。

薬師堂導入口
薬師堂の手前の坂道 心地よい坂道です。


薬師堂全景
これが薬師堂です。飲ませて頂きますと感謝の気持ちを・・・
たまに、お賽銭を入れます。

薬師堂 効能書き
薬師湯の由来と温泉の効能が書かれています。
西暦713年に開かれたそうです。奈良時代からとは
すご〜いネ。
このお湯でコーヒーをたてると美味しいと書かれてますが
本当に、まろやかで安売りのコーヒーも高級品に変身します!


薬師堂 温泉湧き状況
ここから、お湯がこんこんと湧出しています。溢れたお湯は
どんどん捨てられます。もったいない気持ちもしますネ。

やっっポ〜でした。

早すぎた!神楽女湖(菖蒲園)

スタッフ やっっポ〜です。

日曜日に神楽女湖に行ってきました。当日は
あいにくの雨、しかも花菖蒲も満開ではあり
ませんでした。でも人は結構来てたなあ。
※来週が絶対見頃です。

神楽女湖 全景 人入り
全景は霧に覆われて・・・これも風情ありです。

神楽女湖 お花1
お花は、こんな感じでした。
<うんちくを一つ>
花菖蒲と菖蒲湯に入れる菖蒲とはまったく別物
の植物ということです。今まで知らんかった。

神楽女湖 泉入り
湖の中に「ガゼボ」らしきものあり。そこまで
長い木橋が案内してくれます。

By やっっポ〜でした。
 
プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ