トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

2006年03月

温泉まつり

竹瓦温泉明日の4月1日〜3日まで別府は温泉まつりです。1日は市内の100ヶ所以上の温泉が無料になります。
写真の竹瓦温泉などの市営温泉は3日間無料です。
下記のURLにて時間を確認したら、お風呂セットを用意しましょう。 → 別府八湯温泉まつりホームページはこちら


扇山火まつりは1日の18:30からの予定ですが、天気予報では午後から雨が降るそうなので、お出かけ前にチェックしないといけませんね。
雨天の場合は順延です。

〔ちゃちゃ〕

万作の湯

万作の湯看板万作の湯露天






先日はちょっと足を延ばして、小国町小田温泉の「万作の湯」に行ってきました。
ブームになっている黒川温泉の近くの立ち寄り湯で、利用したのは60分1,000円の露天付の家族湯です。

92歳のおばあちゃんも車イスを車に積みこんで一緒に行きましたが、2級ヘルパー(実は娘)とナース(実は孫)が同行しているので、安心して温泉を楽しんでくれた様子。

温泉に浸かってのんびりすると、なんだか穏やかで優しい気分になります。

〔みつこ〕

ニューヨークの雪は横から降る?

タイムズスクエア
先月のニューヨーク添乗時の様子です。
世界の交差点と呼ばれるタイムズスクエアです。カップヌードルから湯気が出ています。「誰か電気代を教えて!」って言いたいくらいのイルミネーションと超高層ビル、「運転していてうるさくないのかな?」と思うクラクションの音。


 



騎馬警察
そんな雑踏の中で騎馬警察官に出会うと、何となくホッとした気分になってパチリ!馬も観光客のモデルになるのは慣れている感じです。





雪







翌日は、あっと言う間にニューヨーク観測史上最大の雪が降り、オブジェのおじいさんも寒そう。
ワァワァ騒ぎながら歩いている青森からご参加のお客様に「九州の私たちと違って、青森の方は雪に慣れてるはずなのに。」と言うと、「青森の雪は上から降ってくるんです!ニューヨークみたいに横から降りません!」とキッパリ。

雪2

ホントですね、確かに写真でも横から降っているのがわかります。




〔ちゃちゃ〕

 

天満温泉

tenman2昨日は、温泉紹介のためという理由をつけて、午後から会社を抜け出し温泉へ!他のスタッフの目がイタイので、近場の「天満温泉」に決めました。ここは住宅街の中にある共同浴場です。入り口では源泉からモウモウと噴気が上がって、これぞ温泉って感じ。受付で70円を払い、中に入ると大きな湯船からお湯があふれていています。無色透明のお湯で湯上りはさっぱり。他にも入っていた人がいたので、中の写真は撮れませんでした。洗面器は受付で貸してくれますよ。


tenman2毎日入れる地元の人が羨ましい!ちなみに私の家は別府まで車で1時間半かかります。温泉紹介を毎日の仕事にしたいなぁ・・・〔みつ〕

ゴートミルクソープ

soap1バンクーバーのロンドンドラッグで見つけたヤギのミルクのせっけんとボディローションは、乾燥肌を潤す威力絶大!
日本でもネット販売でブームになっていたと知ったのは、帰国してからのこと。ネットで検索してみたら「男好きする肌になる石鹸」というキャッチコピーに「・・・」言葉を失ったけれど。
ロンドンドラッグというのが、コスメオタクの私にとっては毎日通っても飽きないお店なのですが、バスグッズやヘアケア商品を買ってはホテルで試すのが楽しみで1日3回お風呂に入ったりしたので、バンクーバーで一番印象深い場所はホテルのバスルーム・・・かな。旅行会社スタッフとして適性を疑われそうです。

〔ちゃちゃ〕

「トラベルネットのトラベル三昧」OPENです。

 トラベルネットのホームページでは地元大分の観光情報発信と、九州発着の旅行のご案内をしておりますが、こちらのページでは、もっと気楽に旅先でのお話や大好きな温泉をご紹介していきたいと思います。

mikaeri-1
さて、最初にご紹介するのは、別府鉄輪(かんなわ)温泉の「みかえり温泉」です。





mikaeri-2

 

300円でむし湯も付いた内湯と露天風呂を楽しめます。家族風呂は1室1時間1,000円とリーズナブル。




mikaeri-3


嬉しいのは、温泉の蒸気を利用したむし釜を利用できる事。
お芋やトウモロコシなどを持っていけば入浴している間に蒸し上がります。



mikaeri-4
タマゴは6分位なので、入浴後、ひと息入れている間に食べ頃です。
温泉で消費したカロリーをこれで補ってしまっているような
でもやめられません。



〔ちゃちゃ〕

プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ