トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

大分

雨の日の高崎山

こんにちは、トラベルネットゆきです。
先日、雨の降りしきる中、高崎山自然動物園へ行って来ました。
高崎山は野生の猿に餌付けをしており、自然のままの姿の猿を間近で見ることが出来ます。

DSC_0664
〔撮影日:2017年9月16日〕
入口には、高崎山のマスコットキャラクターの「たかもん」の像があります。

DSC_0718
高崎山のサルの寄せ場には、徒歩かモノレール(さるっこレール)で行く方法が選べます。
今回は、さるっこレールを利用して行きました。
ゆっくり景色を眺めていたら、直ぐにサルの寄せ場に到着です。

DSC_0682
到着したときに丁度餌付けをしていました。
スタッフの方が餌を撒いて、勢い良くサルが集まってきます。
雨が降ろうがお構い無しです。

DSC_0699
本当に目の前にサルが!

DSC_0697
餌を撒き終わった後、スタッフの方のサルの解説をしてくれます。
それぞれのサルの特徴や性格、グループの説明など、面白く話してくれます。
今回の餌場にいたグループは、ほぼ婦人会&敬老会の集まりみたいな感じとの事。

_20170921_212240
小ザルがチェーンで遊んでいました。
今の時期は子育て真最中らしく、子ザルが沢山いて可愛かったです!

雨の日でサルが居るか心配でしたが、全然心配なく沢山のサルを間近で見ることが出来ました。


[スタッフ ゆき]

大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月21日(木)

関の鯛つりおどり大会

こんにちは、トラベルネットゆきです。
先週の土曜日に大分市佐賀関地区で開催された、第37回「関の鯛つりおどり大会」を見に行って来ました。
毎年9月の第2土曜日に開催されています。

DSC_0547
〔撮影日:2017年9月9日〕 

この祭りは、佐賀関の漁師が豊漁を願い元禄時代から唄い継がれていた、「関の鯛つり唄」に佐賀関伝統の一本釣り漁を表現した振り付けが加わり誕生しました。
「鯛じゃい、鯛じゃい」という威勢のいい掛け声とともに勇壮な踊りが披露されます。

_20170913_211047
めじろんも一緒に踊っていました。

DSC_0537
今年は総勢900人程の参加で行われました。

日中は「鯛神輿入魂式」や、和船を漕いでスピードを競う「大漁おし初め競技」なども港で開催されており賑やかです。

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月13日(水)

田染荘

こんにちは、トラベルネットゆきです。
今回は、豊後高田市にある田染荘(たしぶのしょう)の紹介です。
P1020475
〔撮影日:2016年9月中旬〕
田染荘は、平安時代から集落や水田がほとんど変わらずに残されており、中世の頃の景観が残っています。
2010年には、国の重要文化的景観に選定され、2013年には世界農業遺産に認定されました。
のどかな日本の田園風景が一面に広がっています。
_20170907_214224
田園の奥に鳥居があります。
雨引神社の鳥居です。
ここから湧水が涌き出ており、この湧水を利用して水田開発が始まったとされています。

DSC_0003_3
昨年の9月中旬頃の様子ですが、彼岸花が沢山咲いておりとても綺麗でした。
P1020478
道沿いに彼岸花が咲いています。
緑と赤のコントラストがとても綺麗です。

今年もそろそろ彼岸花が咲く季節になったので、この様な風景が観れるかもしれません。

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月7日(木)

別府(野口天満神社)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
今回は、トラベルネットから徒歩で10分程の場所にある、野口天満神社に行って来ました。
DSC_0409
〔撮影日:2017年8月〕

野口天満神社の祭神は菅原道真公です。
学問の神様を祀っています。

_20170905_182029
鳥居を潜ると、神の使いの牛さんがいます。
_20170905_182058
何故かライオンさんも…!
神社にライオンの像があるのは、珍しいです。

DSC_0414
拝殿に続く参道には、「一富士、二鷹、三茄子、盃、瓢箪」の縁起がよいデザインの敷石が埋め込まれています。
遊び心があって面白いです。
これらの敷石を探しながら参拝をするのも楽しいかもしれませんね。

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月6日(水)

水ノ子島灯台

2017年9月5日(火)
海賊焼を食べに行った時に、丁度四国と九州の真ん中にある
水ノ子島を知りました。
IMG_20170827_153803
[撮影日:8月27日模型の水ノ子島灯台]
昭和61年に無人化になるまで、水ノ子島灯台までは、
交代で、通っていたそうです。
灯台は、日本で3番目の高さ39.25mあるそうです。
水ノ子島海事資料館からは、望遠鏡で眺めることが出来ます。
「新喜びも悲しみも幾歳月」のロケ地にもなったそうです。
IMG_20170827_155345
資料館のおじさんの説明も楽しかったです。
職員の住居が資料館になっています。
剥製の渡り鳥館もちょっと不気味でしたが、一見の価値はあります。
IMG_20170827_155245
日曜日でしたのに、私達だけの入場だったようで、
800円は、電気代になったと感謝されました。
[スタッフ おけい]

ご旅行のお問い合わせはトラベルネットまで、ご連絡下さい。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

保戸島

2017年9月4日(月)

スタッフまりです。

以前遊びに行った保戸島の紹介です。
別府から津久見まで高速で1時間です。
津久見港から保戸島港まで高速船で25分で着きます。

島の風景は日本ではないような景色です。
DSC_0582

お昼は大川食堂で予約しました。
名物マグロの兜焼き(大人数でないと無理です)
DSC_0605
柔らくて癖がなくとっても美味しかったです。

昼食後、島内散策。
足腰丈夫でないと無理です。曲がりくねった狭い階段ばかり。

高台に上がると島内が一望です。
家並みはコンクリート作りの2階建てや3階建てばかりです。
狭い土地に建ててるので仕方ないですね!
DSC_0584

自家用車はなし。市場まで行き来する軽トラがありました。

船で一緒だった80歳くらいのおばあちゃんに「ご自宅はどこですか?」
って尋ねたら「あのお寺さんの上じゃ。」って。
お寺は見上げるほど高台にありました。元気でないと生活できませんね!


[スタッフまり]


ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

スパビレッジ日出


2017年9月2日(土)

スタッフまりです。
昨晩から今朝にかけての別府は連日の熱帯夜が嘘のように涼しかったです。

今日は今年の8月初旬にOPENした「スパビレッジ日出」の紹介です。
場所は日出の元テキサスから海に向かって行きますが、
方向音痴の私には、ちょっと説明できないくらい難しいですね。
途中甲板がひっそりと立ってます。別府から車で30分くらい。

お食事だけでもいいですし、宿泊コテージも何棟かあります。
敷地内に温泉もありますよ。露天風呂がこれまた立派です。

DSC_0992

DSC_0989

桟橋の奥でバーベキューが出来ます。
DSC_0990

DSC_0988

DSC_0978
桟橋から見た別府の夜景とお月様
携帯では見づらいですが、夜景が本当に綺麗です。
別府だけでなく大分まで180度見渡せます。

一押しはバーベキューの食材
お肉も美味しいし、何と言っても海鮮。安くて旨い
毎朝大将が近くの漁港で仕入れてきます。
※食材の写真は食べるのに夢中で撮り忘れたの

何度でも行きたい場所です。


[スタッフまり]



ご旅行のご相談はトラベルネットまで。お待ちしております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net


鶴御埼灯台

2017年9月1日(金)
早9月となりました。
IMG_20170827_145725
[撮影日:8月27日]
九州の最東端はご存知でしょうか?
九州で面積が一番大きい、相撲ファンならご存知
嘉風の出身地佐伯市の鶴御埼灯台です。
残暑厳しい日曜日に出掛けてきました。
人はまばらで、景観は能登半島みたいです。
IMG_20170827_125002
まず、海望パークで、腹ごしらえ。海賊焼きコースを
頂きました。カマス、緋扇貝、エビ、ササエ、イカ、おむすびを
焼きます。緋扇貝は、知らない方も多いと思いますが、色鮮やかで
まるで、色を付けていると思うほどです。
IMG_20170827_125109
鶴御埼灯台は、海抜200Mに立ち昭和56年に初点灯されて今も
航路の安全を見守り続けています。
恋人達の聖地でもあり、鍵が沢山つけられていました。

[スタッフ おけい]

ご旅行のお問い合わせはトラベルネットまで、ご連絡下さい。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

明礬温泉(湯の里家族湯)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
明礬温泉の「湯の里」にある、わら葺屋根の家族湯に入ってきました。

湯の花小屋を模した小屋の中に岩風呂の温泉があります。
全部で4棟あり、それぞれ広さが違うタイプの岩風呂になっています。
DSC_0246
〔撮影日:2017年8月〕
今回私は鶴見の小屋に入りました。

DSC_0250

3名ほどで利用出来る広さで1時間2,000円です。
温泉の温度も自由に調節が出来るようになっており、温泉にゆっくりと入ることが出来ました。

DSC_0254
お風呂上りには、地獄蒸しで蒸した温泉たまごです!
長時間蒸しているので、たまごの中まで温泉成分が入っており茶色くなっていて美味しかったです。

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年8月31日(木)

ななつ星in別府駅

こんにちは、トラベルネットゆきです。
昨日の夕方、別府駅に豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」が停車していました。

DSC_0416
〔撮影日:2017年8月29日〕

2017年8月22日〜2018年2月27日出発分まで、九州北部豪雨の影響で「ななつ星in九州」の3泊4日のコースが一部ルート変更になり、久大本線経由で由布院観光をするコースから、日豊本線経由で宇佐神宮を観光するコースになりました。
そのため、別府駅にも停車をするようになりました。

毎週火曜日、別府駅に到着する時刻は18:05頃着、出発は23:30頃発の予定になっています。
ななつ星が到着する頃には、駅員さんや一般の方々などが旗などを持ってななつ星をお出迎えしています。

DSC_0417

また、別府駅のこの時間は、「九州横断特急」18:14着・博多〜由布院間を小倉経由で臨時運行している「特急ゆふいんの森」18:28着など、様々な電車が停車するので色々な電車を見ることが出来ます。

DSC_0407
ななつ星の車体がピカピカすぎて、写真を撮ると後ろが写りこんでしまいます。
近くで見ることが余り無いので、ここまで綺麗だとは思いませんでした。

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年8月30日(水)

プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ