トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

大分

雨の日のうみたまご(あそびーち)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
うみたまごの室内を満喫した後、あそびーちへ行きました。
DSC_0614
〔撮影日:2016年9月16日〕
イルカのプールです。
砂浜が敷き詰められて、ビーチの様になっています。
DSC_0619
飼育員さんの様にイルカに触れたり出来ます。

また、ビーチとは別に、お魚プールもあります。
子供達が水に浸かって魚を追いかけて遊んでいました。

DSC_0615
砂浜には、サンゴの迷路や、貝殻の形をした洞窟内に自由にお絵かきが出来るキャンパスなどもあります。

今回は雨だったので居なかったのですが、ペンギン、リクガメやウサギなどの動物達なども遊びに来たりするようです。

あそびーちは、晴れた日には目一杯遊べて楽しそうです。
お子さま連れの方などにオススメです!


トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月28日(木)

雨の日のうみたまご(ハロウィン)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
高崎山に行った後、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」へ行って来ました。
高崎山の道路を挟んで向かいにあります。
雨の日の室内と言う事で、高崎山より多くの人達がいました。
DSC_0563
〔撮影日:2017年9月16日〕
入って直ぐに、ゴマアザラシくんがお出迎えです。

DSC_0601
室内アトラクション「サンゴ大水槽での水中散歩」が行われていました。
ダイバーのお兄さんがお魚に餌をあげたり、水中カメラを使って珊瑚を写しながら、魚や珊瑚の説明をします。
サンゴ大水槽は、うみたまごが日本で初めて人工照明で繁殖を成功させたそうです。
とても綺麗な水槽で、癒されます。

DSC_0571
企画展示の水槽では、ハロウィンのデザイン水槽でお魚が泳いでいます。
DSC_0573
色々なデザインの水槽があり、可愛かったです。
今の季節にピッタリな、インスタ映えする写真が撮れそうですよ!

DSC_0600
うみたまごのキッズコーナーの動物たちも、ハロウィン仕様になっていました。
キッズコーナーは、海の生き物たちをモチーフにしたオリジナル遊具があります。
雨の日と言うのもあり、多くの子供たちが楽しそうに遊んでいました。

次は、あそびーちに続きます。

大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月27日(水)

田中陽希氏講演会

2017年9月26日(火)曇り
朝早く、ごみ出しに出ましたら、鰯雲が広がってました。
秋の気配を感じます。 
さて、山を数える言葉はご存知でしょうか?
IMG_20170924_131814
[撮影日:9月24日]
NHKBSプレミアムで放送された「グレートトラバース」
2014年「日本百名山一筆書き踏破」を見て知りました。
「座」です。そもそも、日本百名山は、深田久弥自身が定めた
基準で選んだ山です。
九州では、九重山.祖母山.阿蘇山.霧島山.開聞岳.宮之浦岳です。
IMG_20170924_160938
[サインをする田中陽希氏34歳]
田中陽希氏は、屋久島から利尻まで、約7,800キロを209日で、
完歩しました。山だけを登るのではなく、途中カヤックを利用した
以外歩くのです。8割がアスファルトの道だとか。
2015年には、2百名山も222日で達成してます。
今回は「祖母・傾・大崩(オオクエ)ユネスコパーク登録決定」
記念講演でした。豊後大野市神楽会館で、9月24日にありました。
IMG_20170924_131657
280名の座席は満席。登山をする人と言うよりTVを見てという
観客が多かったようです。
来年は、1月1日宮之浦岳から、3百名山を目指すそうです。
元気が貰えた講演でした。
[スタッフ おけい]

ご旅行のお問い合わせはトラベルネットまで、ご連絡下さい。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net


生目神社



2017年9月25日(月)

スタッフまりです。
今朝、わが家の前の公園から蝉の声が聞こえてきました。
ツクツクボウシです。もう蝉の季節は終わったと思っていたのに
びっくり!声を限りの鳴き声を聴くと夏の終わりを感じます。

別府南立石生目町に町名の由来の「生目神社」(いけめじんじゃ)があります。
「生目神社」は眼病の神として祀られています。

DSC_1229
(撮影:2017年9月)
DSC_1230

DSC_1231

宮崎市の「生目神社」が眼病の神として全国的に有名ですが、
その神社を分霊して祀られています。
祭神は源氏に捕えられ、両眼を失った「平景清」です。

DSC_1232

本殿の奥には白い紙がたくさん張られていました。
たぶん眼病を患った人の治癒の願いではないかと思われます。

住宅街に中にひっそりとある神社です。


生目神社:別府市南立石生目町6組


[スタッフまり]


ご旅行のご相談はトラベルネットまで!
お待ち申し上げております。





彼岸花

2017年9月22日(金)

スタッフまりです。

朝晩めっきり涼しくなりました。
明日は秋分の日、お彼岸ですね!
ご先祖を供養する日です。

どんなに天候不順の年でも、この時期必ず咲く花「彼岸花」
ヒガン科の植物で別名「曼珠沙華」
球根に毒があるので、昔は取ってはいけないと言われていました。
今ではもぐら避けでお庭に栽培しているご家庭も多いようです。

DSC_1228
(2017年9月20日撮影)

DSC_1224

DSC_1220

路地に咲いてる彼岸花は赤が主流ですが、この頃は白い花もたくさん
見かけるようになりました。

今ではピンクやオレンジも栽培されているそうです。

秋分の日を過ぎるとだんだん日暮れが早くなりますね!


[スタッフまり]



ご旅行のご相談はトラベルネットまで。
お待ちしております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

雨の日の高崎山

こんにちは、トラベルネットゆきです。
先日、雨の降りしきる中、高崎山自然動物園へ行って来ました。
高崎山は野生の猿に餌付けをしており、自然のままの姿の猿を間近で見ることが出来ます。

DSC_0664
〔撮影日:2017年9月16日〕
入口には、高崎山のマスコットキャラクターの「たかもん」の像があります。

DSC_0718
高崎山のサルの寄せ場には、徒歩かモノレール(さるっこレール)で行く方法が選べます。
今回は、さるっこレールを利用して行きました。
ゆっくり景色を眺めていたら、直ぐにサルの寄せ場に到着です。

DSC_0682
到着したときに丁度餌付けをしていました。
スタッフの方が餌を撒いて、勢い良くサルが集まってきます。
雨が降ろうがお構い無しです。

DSC_0699
本当に目の前にサルが!

DSC_0697
餌を撒き終わった後、スタッフの方のサルの解説をしてくれます。
それぞれのサルの特徴や性格、グループの説明など、面白く話してくれます。
今回の餌場にいたグループは、ほぼ婦人会&敬老会の集まりみたいな感じとの事。

_20170921_212240
小ザルがチェーンで遊んでいました。
今の時期は子育て真最中らしく、子ザルが沢山いて可愛かったです!

雨の日でサルが居るか心配でしたが、全然心配なく沢山のサルを間近で見ることが出来ました。


[スタッフ ゆき]

大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月21日(木)

関の鯛つりおどり大会

こんにちは、トラベルネットゆきです。
先週の土曜日に大分市佐賀関地区で開催された、第37回「関の鯛つりおどり大会」を見に行って来ました。
毎年9月の第2土曜日に開催されています。

DSC_0547
〔撮影日:2017年9月9日〕 

この祭りは、佐賀関の漁師が豊漁を願い元禄時代から唄い継がれていた、「関の鯛つり唄」に佐賀関伝統の一本釣り漁を表現した振り付けが加わり誕生しました。
「鯛じゃい、鯛じゃい」という威勢のいい掛け声とともに勇壮な踊りが披露されます。

_20170913_211047
めじろんも一緒に踊っていました。

DSC_0537
今年は総勢900人程の参加で行われました。

日中は「鯛神輿入魂式」や、和船を漕いでスピードを競う「大漁おし初め競技」なども港で開催されており賑やかです。

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月13日(水)

田染荘

こんにちは、トラベルネットゆきです。
今回は、豊後高田市にある田染荘(たしぶのしょう)の紹介です。
P1020475
〔撮影日:2016年9月中旬〕
田染荘は、平安時代から集落や水田がほとんど変わらずに残されており、中世の頃の景観が残っています。
2010年には、国の重要文化的景観に選定され、2013年には世界農業遺産に認定されました。
のどかな日本の田園風景が一面に広がっています。
_20170907_214224
田園の奥に鳥居があります。
雨引神社の鳥居です。
ここから湧水が涌き出ており、この湧水を利用して水田開発が始まったとされています。

DSC_0003_3
昨年の9月中旬頃の様子ですが、彼岸花が沢山咲いておりとても綺麗でした。
P1020478
道沿いに彼岸花が咲いています。
緑と赤のコントラストがとても綺麗です。

今年もそろそろ彼岸花が咲く季節になったので、この様な風景が観れるかもしれません。

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月7日(木)

別府(野口天満神社)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
今回は、トラベルネットから徒歩で10分程の場所にある、野口天満神社に行って来ました。
DSC_0409
〔撮影日:2017年8月〕

野口天満神社の祭神は菅原道真公です。
学問の神様を祀っています。

_20170905_182029
鳥居を潜ると、神の使いの牛さんがいます。
_20170905_182058
何故かライオンさんも…!
神社にライオンの像があるのは、珍しいです。

DSC_0414
拝殿に続く参道には、「一富士、二鷹、三茄子、盃、瓢箪」の縁起がよいデザインの敷石が埋め込まれています。
遊び心があって面白いです。
これらの敷石を探しながら参拝をするのも楽しいかもしれませんね。

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月6日(水)

水ノ子島灯台

2017年9月5日(火)
海賊焼を食べに行った時に、丁度四国と九州の真ん中にある
水ノ子島を知りました。
IMG_20170827_153803
[撮影日:8月27日模型の水ノ子島灯台]
昭和61年に無人化になるまで、水ノ子島灯台までは、
交代で、通っていたそうです。
灯台は、日本で3番目の高さ39.25mあるそうです。
水ノ子島海事資料館からは、望遠鏡で眺めることが出来ます。
「新喜びも悲しみも幾歳月」のロケ地にもなったそうです。
IMG_20170827_155345
資料館のおじさんの説明も楽しかったです。
職員の住居が資料館になっています。
剥製の渡り鳥館もちょっと不気味でしたが、一見の価値はあります。
IMG_20170827_155245
日曜日でしたのに、私達だけの入場だったようで、
800円は、電気代になったと感謝されました。
[スタッフ おけい]

ご旅行のお問い合わせはトラベルネットまで、ご連絡下さい。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net
プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ