トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

ゆき

大分七夕まつり(七夕飾り)

こんにちは、トラベルネットゆきです。

大分七夕まつりで、府内戦紙を楽しんだ後に、商店街の七夕飾りを見ながら帰りました。

DSC_0291
〔撮影日:2017年8月4日〕

セントポルタ中央町からガレリア竹町まで、手作りの七夕飾りが沢山飾っています。
通路に屋台などが出ていてとっても賑やかです。

DSC_0295
ステンドグラス風の綺麗な飾りです。

DSC_0296
DSC_0293
ジブリの大博覧会の開催を記念して、ジフリのキャラクターの飾りが多数ありました。
DSC_0300
中には、七夕飾りではないものもあり、見ているだけで楽しいです。
商店街の中はアーケードになっているので、雨の心配も無くゆっくり楽しめました。

今年は、大分七夕まつりの最終日を彩る
「大分合同新聞花火大会」が台風接近のため延期になりました。

延期後の開催日時は、
8/27(日)20:00〜
会場は大分川弁天大橋上流にて打上になります。

8月の最終週に開催です。
夏休みの思い出に、観覧に出掛けてみてはいかがでしょうか。

[スタッフ ゆき]


トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年8月10日(木)

大分七夕まつり(府内戦紙)

こんにちは、トラベルネットゆきです。

先週開催された、大分七夕まつり初日に、第33回「府内戦紙(ふないぱっちん)」を観覧してきました。

府内戦紙は、武者姿や竜などをかたどった照明入りの山車が、夏の夜に鮮やかに浮かび上がる姿が「ぱっちん(めんこ)」を連想させることからこの名がついたそうです。

DSC_0311
〔撮影日:2017年8月4日〕

山車21台、総勢約5千人の踊りが華やかに祭りを盛り上げます。
DSC_0377

毎回違うデザインの山車がカッコイイです。
また、引き手が全力で回す山車の迫力に圧倒されます。

DSC_0310
煙りを出す竜の山車もありました。

DSC_0350
DSC_0341

今年は台風の影響もあり、天気が心配でしたが、雨も降ることがなく最後まで楽しむことが出来ました。

[スタッフ ゆき]

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年8月9日(水)

宇佐と別府のグルメ

こんにちは、トラベルネットゆきです。
今日は、宇佐神宮を参拝後に立ち寄ったお店と別府にある甘味処のご紹介です。

宇佐神宮を参拝後、少しおなかが空いたので参道にある、ねぎ焼きのお店に立ち寄りました。

_20170803_181215
「葱屋本舗 神宮店」のねぎ焼きです。
私たちは、売れ筋No.1の「ブタねぎ焼き」を注文しました。
注文してから焼いてくれて、出来立てアツアツのねぎ焼きを食べることが出来ました。

「大分味一ねぎ」の生産農家さんが作るねぎ焼きだそうで、新鮮なネギを利用しており絶品でした!
ネギが少し苦手な方でも、甘味があるネギなので食べやすいです。

参拝後の休憩にもピッタリですし、テイクアウトも可能ですので持ち帰って小腹がすいたときに食べるのにも良いです。


宇佐や安心院の観光後に別府に戻り休憩に立ち寄ったのは、「甘味茶屋」です。

DSC_0235
今回、「きな粉アイスとわらび餅」、「ミニフルーツあんみつ」を注文しました。
きな粉アイスが濃厚で、とても美味しかったです!

名前の通り甘味は勿論ですが、大分の郷土料理、手作りだんご汁で有名なお店です。
また、やせうまやサクサクのとり天など大分の名物を召し上がることも出来ます。

有名なお店なので、混雑していることが多いですが、古民家風の雰囲気があるお店でステキです。


[スタッフ ゆき]


トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年8月3日(木)

別府納涼花火大会

こんにちは、トラベルネットゆきです。

べっぷ火の海まつりの最終日に開催された、納涼花火大会に行ってきました。
今年は例年より多い約8,000発の花火が打ち上がるとのことで、いつもより会場が賑わっていました。

別府の花火大会は別府湾に浮かぶ台船2隻から大迫力の花火が打ちあがります。
今年は県内最大級の花火大会になっていて、いつもより迫力がありました。

MOV_0287_000043
〔撮影日:2017年7月30日〕

湯〜園地の開催を記念して、湯〜園地をテーマにした花火も打ちあがりました。
別府ならではの温泉マークの花火です。

MOV_0287_000311

MOV_0287_000437

写真に納まらないくらい、沢山の花火が海いっぱいに打ち上がりました。
今年は風が無く少し煙がもやもやしていましたが、それでも花火は迫力があり、綺麗でした。

[スタッフ ゆき]


トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年8月2日(水)

東椎屋の滝

こんにちは、トラベルネットゆきです。
地獄極楽を観光後、東椎屋の滝へ行きました。

東椎屋の滝は、地獄極楽から車で約10分ほどです。
別府市内からは、車で約40分です。
日本の滝百選に選ばれており、日光の華厳の滝に似ているところから、「九州華厳」とも称されています。
高さ85mの断崖を落下する様は圧巻です。

DSC_0222
〔撮影日:2017年7月15日〕

入り口から滝まで、片道約15分ほど歩きます。
私たちが行ったときには、観光バスが停まっており沢山の人達が観光に来ていました。

DSC_0233
滝まで続く途中の渓谷や、綺麗な水が流れており下流で子供達が水遊びをしていました。

DSC_0226
一番奥に行くと、大迫力の滝です!
滝つぼの近くに行くと、水しぶきが凄く、冷んやりとした風が来てマイナスイオンをたっぷりと浴びることが出来ました。

今回は見ることはできませんでしたが、滝つぼの岩壁に、観音様が彫られているそうです。

夏の暑い季節の避暑地に、東椎屋の滝に訪れて見てはいかがでしょうか?

[スタッフ ゆき]

大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年7月27日(木)

地獄極楽(極楽編)

こんにちは、トラベルネットゆきです。

「桂昌寺跡 地獄極楽」の続きになります。
地獄窟を通り、極楽へ向かいました。

DSC_0205
〔撮影場所:2017年7月15日〕

極楽窟の中は釈迦如来や弥勒菩薩など洞窟の中に石仏が所々あります。
全部で22体ほどあるそうです。

DSC_0209

直ぐに太陽へと続く出口があり、極楽が広がっていました。
ずっと狭い洞窟内を進んでいたので、外がよりいっそう明るいです。

DSC_0212

外に出て、さらに奥に行くとまた洞窟がありました。
極楽浄土へとつながる洞窟だそうで、奥に入ると鎖があり、それを登ると極楽浄土へと繋がっているそうです。
極楽浄土へ行く道は難しい道のりでした。
私は、鎖は登れそうに無かったので登りませんでした・・・。
ですが、登れない方でも外に極楽浄土まで続く登り道があり極楽浄土を見ることが出来ます。

DSC_0217

極楽浄土の登り道を進んでいくと、斜面に石仏がいたるところにあります。

DSC_0215

最終地点の洞窟の鎖の繋がっている場所からの景色です。
高さがあり、見晴らしが良いです。
石仏も洞窟に繋がっている穴の周りに沢山あり極楽浄土がありました。
斜面が急で登るのが大変でしたが、達成感がありました。

最後に、記帳ノートが礼拝堂にあったので、記帳をして地獄極楽を後にしました。
地獄極楽と一度に体験出来るスポットは中々無いので、面白かったです。


[スタッフ ゆき]


大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年7月26日(水)

地獄極楽(地獄編)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
大分県内の地獄と言えば、別府にある地獄めぐりが有名ですが、他にもまだ地獄があると知り行ってみました。

「桂昌寺跡 地獄極楽」です。
全国で唯一、洞窟の中に地獄から極楽まである、洞窟巡りであの世体験が出来るスポットです。
江戸時代後期に僧侶が人々を教え導くために作り上げた洞窟だそうです。

別府から、車で40分ほどの宇佐市安心院にあります。

DSC_0193
〔撮影日:2017年7月15日〕
地獄極楽と書いている階段を登り、まず礼拝堂がありました。
そこでお参りをして、地獄極楽の洞窟へ向かいます。

DSC_0195
入り口は凄く狭いです。
洞窟内も狭く薄暗く怖い感じでドキドキします。

DSC_0198

進んで行くと、閻魔大王さまのいるフロアへ。
薄暗いなか閻魔さまから裁判を受けます。
薄ら笑いをしている閻魔さま、他にも馬頭や牛頭もいたり、不気味な雰囲気です。

DSC_0201
先ずは地獄へという看板を進み、血の池地獄に赤鬼・青鬼が居ました。
他にも、三途の川の奪衣婆など地獄窟には14体ほど
の石像があり地獄を再現していました。
地獄窟は少し怖いけど、普段余り観たりしないような石像が沢山あり面白かったです。

DSC_0204
地獄が終わったら、次は極楽窟へ向かいます。
極楽窟の入口は、道が凄く狭くなっていました。
極楽へ行くのは大変と言う事なのでしょうか?

どんどん奥へと進んで極楽へ続きます。


大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年7月22日(土)

宇佐神宮(2)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
宇佐神宮の上宮本殿を参拝後、下宮本殿へ向かいました。
DSC_0180
〔撮影日:2017年7月15日〕

下宮へ続く道です。
木々の中に赤い橋が架かっており、下宮へ続いています。

DSC_0182
下宮本殿です。
古くから御炊殿(みけでん)といい、神へ捧げる食事をする調理する場でもありました。
農業・漁業をはじめとする一次産業の発展充実をお守りになるご神威を発揮されます。

下宮を参拝後、次は願かけ地蔵に会いに向かいます。
DSC_0184
途中に、ひっそりと帽子を被って居ました。
ちょっと可愛いです。

DSC_0185
境内の少し離れた所にある、願かけ地蔵です。
一生に一度だけ願いを叶えてくれると言われているお地蔵さまです。
一生に一度だけとの事で、真剣にお願いをしました。

DSC_0186

お地蔵にお祈りをし、呉橋を遠くから眺めつつ宇佐神宮の参拝を終えました。

DSC_0189
今は丁度蓮の季節で、初沢の池に古代蓮が綺麗に咲いていました。

今回、私たちは約1時間30分くらいかけて参拝しました。
けれど、宇佐神宮の境内は広くて、隅々まで充実観光したら、半日以上かかりそうです。

お体にハンディキャップをお持ちの方やご高齢の方、ベビーカーご利用の方のために無料のモノレールが運行しております。
また、バリアフリーのルートもあるので車イスの方でも参拝が可能です。

宇佐神宮は、神聖な雰囲気で心が洗われるようでした。
大分を訪れた際の観光にオススメです!

[スタッフ ゆき]

大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年7月20日(木)

宇佐神宮(1)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
三連休中に、宇佐神宮へ行って来ました。

DSC_0160

〔撮影日:2017年7月15日〕

宇佐神宮は、伊勢神宮に次ぐ、第二の宗廟として皇族からも崇敬されています。
全国に4万社余りある八幡社の総本宮で、本殿は国宝に指定されており、神仏習合文化の発祥地として深い歴史を持っています。

別府から宇佐神宮まで、自動車で約60分です。(高速道路利用で約50分)

DSC_0165
6月16日に設置された夏の大祓の「茅の輪」が6月30日までとの事でしたが、まだ参道に設置されていました。
茅の輪をくぐると、残る半年を無病息災で過ごすことができると言われています。

DSC_0168
力石と言う、石を担いで力自慢をしていたという石が残されていました。
一番小さいものでも90kgあります。

DSC_0169
参道の途中にある夫婦石です。
1人の方は両足で、夫婦やカップルの方は手をつないで一緒に踏むと幸せになれると言われています。

DSC_0178

上宮本殿です。
一之御殿・二之御殿・三之御殿と並んでおり、それぞれ応神天皇、比売大神、神宮皇后が祭られています。

DSC_0175
本殿にある、樹齢800年といわれる御神木の大楠です。人気のパワースポットです。
元EXILEのUSAさんが、宇佐神宮を訪れた際、アルバムのミリオンセラーを祈願したところ、大ヒットにつながったという逸話があり話題になりました。

本殿を参拝後、おみくじを引いたりし、次は下宮本殿へ続きます。

[スタッフ ゆき]

大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年7月19日(水)

つくみイルカ島

こんにちは、トラベルネットゆきです。
津久見にある、うみたま体験パーク「つくみイルカ島」に行ってきました。

DSC_0018_1
〔撮影日:2017年6月〕

イルカ島は、大分市にある水族館うみたまごと津久見市のコラボレーションによって誕生したレジャー施設です。
自然の海にイルカが泳いでいる姿を見学できます。
イルカのパフォーマンスがあったり、イルカ以外の動物たちとのふれあいも体験できます。

P1010663
イルカパフォーマンスは、運が良ければ一緒にに参加出きるかもしれません。

P1010671
P1010678
自然の海の中で繰り広げられるイルカパフォーマンスはとにかくダイナミックで、プールとはまた違った迫力があります。
パフォーマンスが終わったあと、有料ですが、イルカと一緒に写真撮影が出来たり、イルカと一緒に泳いだり、ふれあい体験が出来ます。

P1010689

イルカの他にも、アザラシやペンギン、コツメカワウソなどがいて賑やかです。
また、イルカの赤ちゃんも今年の5月に誕生したそうです。
親子で泳いでいる姿は可愛いですよ。

イルカ島は普通の水族館とは違った雰囲気で、楽しかったです。


[スタッフ ゆき]

ご旅行のお問い合わせはトラベルネットまで、ご連絡下さい。
トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net


2017年7月14日(金)
プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ