トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

ゆき

レゾネイトクラブくじゅう

こんにちは、トラベルネットゆきです。
今回は、以前宿泊した久住高原にあるホテル「レゾネイトクラブくじゅう」のご紹介です。

別府から自動車で約1時間15分ほどです。
阿蘇・くじゅう国立公園内の大自然を満喫できるリゾートホテルです。
満天の星空・大草原での乗馬を堪能できます。(乗馬は有料)
また、ホテルからは「くじゅう花公園」や「ガンジー牧場」などの観光スポットに車で数分で行けるので観光をするのにとても便利です。

P1030910
部屋は木造のコテージ風の造りになっています。
私たちが宿泊したお部屋は、スタンダードタイプの洋室です。


DSC_0001_15
〔撮影日:9月中旬〕
お部屋からの景色です。
くじゅうの雄大な自然が広がっています。


もちろん、温泉もあります。
大浴場や露天風呂、更に貸切風呂がありました。

DSC_0029
サウナ付きの露天風呂です。
余り広さは無いのですが、チェックイン後直ぐに行ったら貸切で入ることが出来ました。

DSC_0031
露天風呂付き貸切風呂もあります。
夜に利用したのですが、満点の星空を見ながらゆっくり温泉に入ることが出来ました。

20160916_205823_838
図書コーナー「レゾネイト文庫」もありました。
静かな空間ででゆっくりと読書です。

くじゅうの自然を満喫しながら、落ち着いた空間でリラックスしながら過ごすことが出来ました!



[スタッフ ゆき]


ご旅行のご相談はトラベルネットまで!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net


2017年10月21日(土)

あそぼーい!in別府駅

こんにちは、トラベルネットゆきです、
仕事帰りに、特急「あそぼーい!」が別府駅に停車していました。

現在、別府・大分〜阿蘇間で、金・土・日・祝日に運行しています。
2017年12月までの期間限定です。
DSC_0742
〔撮影日:2017年10月14日〕
別府駅に18:14着「あそぼーい!93号」です。

_20171014_185900
別府も日が沈むのが早くなり暗いですが、終点なのでゆっくり撮影が出来ます。

DSC_0747
キャラクター犬「くろちゃん」がたくさんで、外から眺めても可愛いです。

あそぼーい!は、1日2往復しています。

あそぼーい!92号
別府駅 9:16発 〜 阿蘇駅 11:27着

あそぼーい!93号
阿蘇駅 16:15発 〜 別府駅 18:14着

この列車を利用すれば、往復あそぼーい!で阿蘇を約4時間30分観光し、別府へ帰る弾丸日帰り旅も可能です。

「GO!GO!!阿蘇・奥豊後きっぷ」を利用すれば、別府〜阿蘇までの往復とフリー区間(三重町〜阿蘇)3日間がセットになって、大分・別府発5,000円です。
さらに、現地で使える特典付きで、とってもお得に旅が楽しめます。

3日間で阿蘇と奧豊後を楽しみ尽くすのも良いですね!

別府・大分からの運行も後わずかな期間ですので、是非乗車してみてはいかがでしょうか?


[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net
2017年10月14日(土)

熊野磨崖仏と今熊野山胎蔵寺

こんにちは、トラベルネットゆきです。
今回は、国東半島にある「熊野磨崖仏」に行って来ました。

熊野磨崖仏は日本最大級の磨崖仏で、国の史跡と重要文化財に指定されています。
平安時代の末期の作といわれており、絶壁に「大日如来」「不動明王」がそれぞれ刻まれています。

P1020454
〔撮影日:2017年9月〕
緩やかな坂道を登って約5分ほどで、鳥居が見えてきます。
そこから、鬼が一夜で築いたと伝えられている九十九段の石段を更に登って行きます。
九十九段と言われていますが、実際にはもっとあるらしいです・・・。
P1020456
急な石段がずっと続いていきます。
登り口に、杖のレンタルがあったのですが、借りずに来たのを後悔しました。

P1020461
約10分ほど登った先に、巨大な不動明王と大日如来の磨崖仏が!
そこから更に階段があり、登ると熊野神社もあります。

石段を登るのは大変でしたが、苦労して登っただけに大きな磨崖仏が素晴らしく見えました。

帰りは、参道入口にある「今熊野山胎蔵寺」へ行ってみました。
P1020466
何かキラキラ光っている・・・。
と、思い良くみたらシールが貼られていました。
お願いシールらしいです。
これを貼るとご利益があるとの事。
P1020467
不動明王もピカピカシールが付いています。

今風な感じに見えるますが、およそ1300年前、東大寺の大仏が出来る前からある由緒正しいお寺です。

インパクトがあるお寺で面白かったです。
磨崖仏を見たついでに、立ち寄ってみると面白いかもしれません。

[スタッフ ゆき]

大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。


電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net


2017年10月5日(木)

雨の日のうみたまご(アトラクション)

こんにちは、トラベルネットゆきです。

雨の日のうみたまごで、アトラクションのパフォーマンスがあるか心配でしたが、開催されていました。

人気の「うみたまパフォーマンス」が開催される場所も屋根があり、雨の日も濡れる心配無しです。
前方の方は足元が雨で濡れるので、スタッフさんが足元に傘を置いて濡れ無いようにしてくれていました。
DSC_0651
〔撮影日:2017年9月16日〕
雨の日でも元気なセイウチさんと、スタッフさんはレインコートを着てパフォーマンスです。
スタッフさんのトークと、セイウチさんの掛け合いが面白いです!

_20171004_230322
お客様が参加される場面では、スタッフさんが傘をさしてくれて参加です。

DSC_0663
イルカショーも、屋根があるので濡れずに見ることが出来ました。
屋根が無い部分では、傘をさして見てる方が多かったです。
小さめの水槽でのショーなので、近くで見れて迫力があります。

雨の日でも、うみたまごを存分に楽しむことが出来ました!

[スタッフ ゆき]

大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年10月4日(水)

雨の日のうみたまご(あそびーち)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
うみたまごの室内を満喫した後、あそびーちへ行きました。
DSC_0614
〔撮影日:2016年9月16日〕
イルカのプールです。
砂浜が敷き詰められて、ビーチの様になっています。
DSC_0619
飼育員さんの様にイルカに触れたり出来ます。

また、ビーチとは別に、お魚プールもあります。
子供達が水に浸かって魚を追いかけて遊んでいました。

DSC_0615
砂浜には、サンゴの迷路や、貝殻の形をした洞窟内に自由にお絵かきが出来るキャンパスなどもあります。

今回は雨だったので居なかったのですが、ペンギン、リクガメやウサギなどの動物達なども遊びに来たりするようです。

あそびーちは、晴れた日には目一杯遊べて楽しそうです。
お子さま連れの方などにオススメです!


トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月28日(木)

雨の日のうみたまご(ハロウィン)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
高崎山に行った後、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」へ行って来ました。
高崎山の道路を挟んで向かいにあります。
雨の日の室内と言う事で、高崎山より多くの人達がいました。
DSC_0563
〔撮影日:2017年9月16日〕
入って直ぐに、ゴマアザラシくんがお出迎えです。

DSC_0601
室内アトラクション「サンゴ大水槽での水中散歩」が行われていました。
ダイバーのお兄さんがお魚に餌をあげたり、水中カメラを使って珊瑚を写しながら、魚や珊瑚の説明をします。
サンゴ大水槽は、うみたまごが日本で初めて人工照明で繁殖を成功させたそうです。
とても綺麗な水槽で、癒されます。

DSC_0571
企画展示の水槽では、ハロウィンのデザイン水槽でお魚が泳いでいます。
DSC_0573
色々なデザインの水槽があり、可愛かったです。
今の季節にピッタリな、インスタ映えする写真が撮れそうですよ!

DSC_0600
うみたまごのキッズコーナーの動物たちも、ハロウィン仕様になっていました。
キッズコーナーは、海の生き物たちをモチーフにしたオリジナル遊具があります。
雨の日と言うのもあり、多くの子供たちが楽しそうに遊んでいました。

次は、あそびーちに続きます。

大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月27日(水)

雨の日の高崎山

こんにちは、トラベルネットゆきです。
先日、雨の降りしきる中、高崎山自然動物園へ行って来ました。
高崎山は野生の猿に餌付けをしており、自然のままの姿の猿を間近で見ることが出来ます。

DSC_0664
〔撮影日:2017年9月16日〕
入口には、高崎山のマスコットキャラクターの「たかもん」の像があります。

DSC_0718
高崎山のサルの寄せ場には、徒歩かモノレール(さるっこレール)で行く方法が選べます。
今回は、さるっこレールを利用して行きました。
ゆっくり景色を眺めていたら、直ぐにサルの寄せ場に到着です。

DSC_0682
到着したときに丁度餌付けをしていました。
スタッフの方が餌を撒いて、勢い良くサルが集まってきます。
雨が降ろうがお構い無しです。

DSC_0699
本当に目の前にサルが!

DSC_0697
餌を撒き終わった後、スタッフの方のサルの解説をしてくれます。
それぞれのサルの特徴や性格、グループの説明など、面白く話してくれます。
今回の餌場にいたグループは、ほぼ婦人会&敬老会の集まりみたいな感じとの事。

_20170921_212240
小ザルがチェーンで遊んでいました。
今の時期は子育て真最中らしく、子ザルが沢山いて可愛かったです!

雨の日でサルが居るか心配でしたが、全然心配なく沢山のサルを間近で見ることが出来ました。


[スタッフ ゆき]

大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月21日(木)

関の鯛つりおどり大会

こんにちは、トラベルネットゆきです。
先週の土曜日に大分市佐賀関地区で開催された、第37回「関の鯛つりおどり大会」を見に行って来ました。
毎年9月の第2土曜日に開催されています。

DSC_0547
〔撮影日:2017年9月9日〕 

この祭りは、佐賀関の漁師が豊漁を願い元禄時代から唄い継がれていた、「関の鯛つり唄」に佐賀関伝統の一本釣り漁を表現した振り付けが加わり誕生しました。
「鯛じゃい、鯛じゃい」という威勢のいい掛け声とともに勇壮な踊りが披露されます。

_20170913_211047
めじろんも一緒に踊っていました。

DSC_0537
今年は総勢900人程の参加で行われました。

日中は「鯛神輿入魂式」や、和船を漕いでスピードを競う「大漁おし初め競技」なども港で開催されており賑やかです。

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月13日(水)

田染荘

こんにちは、トラベルネットゆきです。
今回は、豊後高田市にある田染荘(たしぶのしょう)の紹介です。
P1020475
〔撮影日:2016年9月中旬〕
田染荘は、平安時代から集落や水田がほとんど変わらずに残されており、中世の頃の景観が残っています。
2010年には、国の重要文化的景観に選定され、2013年には世界農業遺産に認定されました。
のどかな日本の田園風景が一面に広がっています。
_20170907_214224
田園の奥に鳥居があります。
雨引神社の鳥居です。
ここから湧水が涌き出ており、この湧水を利用して水田開発が始まったとされています。

DSC_0003_3
昨年の9月中旬頃の様子ですが、彼岸花が沢山咲いておりとても綺麗でした。
P1020478
道沿いに彼岸花が咲いています。
緑と赤のコントラストがとても綺麗です。

今年もそろそろ彼岸花が咲く季節になったので、この様な風景が観れるかもしれません。

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月7日(木)

別府(野口天満神社)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
今回は、トラベルネットから徒歩で10分程の場所にある、野口天満神社に行って来ました。
DSC_0409
〔撮影日:2017年8月〕

野口天満神社の祭神は菅原道真公です。
学問の神様を祀っています。

_20170905_182029
鳥居を潜ると、神の使いの牛さんがいます。
_20170905_182058
何故かライオンさんも…!
神社にライオンの像があるのは、珍しいです。

DSC_0414
拝殿に続く参道には、「一富士、二鷹、三茄子、盃、瓢箪」の縁起がよいデザインの敷石が埋め込まれています。
遊び心があって面白いです。
これらの敷石を探しながら参拝をするのも楽しいかもしれませんね。

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年9月6日(水)

プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ