トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

福岡

門司港レトロ散策(2)

こんにちは、トラベルネットゆきです。

今日は、門司港レトロ散策のご紹介の続きです。

門司港駅から散策しながら、に向かい、付いた港は強風の影響で前に進むのも困難な状態に。
そんな中で、散策を続行です。

DSC_2215
〔撮影日:2018年5月4日〕

「旧門司税関」です。
明治45年に建てられた建物です。
昭和初期まで、税関庁舎として使用されていたそうです。
1階は休憩室や喫茶店、税関展示資料室があり、3階ははね橋を一望出来る展望室になっています。

強風の影響か、休憩している方々のが沢山いました。

_20180510_210502
旧門司税関の向かいにあるのは、「国際友好記念図書館」です。
中国の大連市と門司港の友好都市を記念して作られた建物です。
大連市に建築した東清鉄道汽船事務所を、そっくり
そのまま建築したそうです。

_20180510_210617
図書館の奥にある「門司港レトロ展望室」です。
31階にある展望室に行ってみました。

DSC_2223
門司港一帯を見下ろせます。
DSC_2227
丁度「はね橋」が上がるタイミングで、遊覧船が橋を通過していました。

DSC_2232
関門海峡が一望出来ます。
関門橋や、小さくですが赤間神宮もみえます。

DSC_2222
対岸の下関も綺麗に見えました。
関門連絡船が渡っています。

展望室には、カフェがあり休憩スペースもあるので、ゆっくり景色を堪能できました。

DSC_2236
展望室から降りると、ブルーウィングもじ(はね橋)が綺麗に上がっていました。
1日に6回開閉するそうです。
この跳ね橋が降りてから最初に渡ったカップルは一生結ばれると言われています。

門司港レトロ散策、約1時間30分ほどの時間で駆け足で散策しました。
今度は、ゆっくり1日かけて下関側にも行ってみたいですね。

[スタッフ ゆき]

ご旅行の相談なら、トラベルネットへ!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2018年5月11日(金)

門司港レトロ散策(1)

こんにちは、トラベルネットゆきです。
ゴールデンウィークも終わり、別府の賑わいも落ち着いてきたように感じます。

今回は、門司港レトロのご紹介です。

門司港レトロは、北九州の小倉駅よりJRで14分ほどで門司港駅に着きます。

門司港駅はレトロな木造建築になっており、国の重要文化財に指定されています。
現在駅舎の工事が行われており、残念ながらその姿は見れませんでした。

工事の完了は平成31年度を予定しているそうです。

DSC_2203
〔撮影日:2018年5月4日〕

駅の前にある「バナナの発祥の地碑」は、ひっそりとありました。

DSC_2205
次に向かったのは「旧門司三井倶楽部」です。

アインシュタイン夫妻が宿泊したことがある、三井物産の接客・宿泊施設として建築されたものです。
1階にはレストランや、門司港観光案内書があり、2階はアインシュタインメモリアルルームがあります。

_20180510_220347

港に出ると、一際目立つ建物があります。
「プレミアホテル門司港」です。
門司港レトロの中心的な位置にあり、関門海峡が一望出来るホテルです。

建物の外観を、門司の鮫に見立ているそうです。
…フグかと思っていましたが、まさかのサメです。

面白いデザインのホテル、是非宿泊してみませんか?

_20180510_210251

プレミアホテル門司港の付近には、門司港のゆるキャラ「じーもくん」がいます。

DSC_2201

更に「バナナマン&バナナマン・ブラック」と言う、ゆるキャラ?の像もありました。

駅から徒歩圏内に見どころいっぱいの門司港!
次回に続きます。


[スタッフ ゆき]

ご宿泊ホテルのご予約から、交通の手配まで
承っております。
ご旅行の相談なら、トラベルネットへ!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2018年5月10日(木)

太宰府神社めぐり(4)【宝満宮竈門神社】

こんにちは、トラベルネットゆきです。

暖かくなり、別府も桜が見頃です。


今回は、太宰府神社めぐりの最後「宝満宮竈門神社」のご紹介です。

宝満宮竈門神社は太宰府駅から、コミュニティバス「まほろば号」に乗車して約10分です。
私が利用した日曜日は混雑の影響で、バスの遅れがあり竈門神社まで約20分くらいかかりました。

宝満宮竈門神社は、九州を代表する霊山・宝満山の麓に鎮座する神社です。
古来より「縁結び・方除け・厄除けの神様」として広く信仰されています。

主祭神の玉依姫命(たまよりひめのみこと)は魂と魂を引き寄せる、引き合わせるというご神徳から、男女の縁をはじめ、友人、家族、仕事など幅広いご縁も含め、縁結びの神様としておまつりされています。

DSC_2044
〔撮影日:2018年3月11日〕

春は桜、夏はシャクナゲ、秋は紅葉と四季折々の姿を楽しめます。
竈門神社は桜を縁木とし、御神紋も桜です。
境内は、多くの方々から奉納された桜があり、太宰府の隠れた桜の名所となっています。

今現在、桜が見頃を迎えているそうです。(太宰府天満宮HP 3/27お知らせより)

DSC_2047
展望舞台もありました。
太宰府の街並みが一望出来ます。
下に見える参道の葉の無い木は桜です。
春には一面の桜が見渡せそうです。

DSC_2048
展望舞台に行く途中「えんむすび幸福の木」があります。
ピンクのこよりに願い事を書き結びつけると、良縁に恵まれると昔から伝えられているそうです。
沢山のこよりが結ばれていました。

最後に社事務所へお守りを見に行きました。
竈門神社の社務所は、現代的なデザインでオシャレ!
人が多く写真は撮れませんでしたが、世界的に有名なインテリアデザイナーが手掛けたそうです。

お守りも、てるてる坊主の形や桜のデザインなど、可愛いお守りが沢山ありました。
DSC_2052
その中で、いちご守りが可愛いくて有名です。
「一期一会」人生に一度しかない貴重な出逢いが実るよう祈願したお守りとの事。

DSC_2049
竈門神社には、神鹿園との事で日本鹿も居ます。
日にあたり、穏やかに眠っています。

竈門神社は、上宮が宝満山の頂上にあります。2〜3時間ほど登山をして参拝ができます。
奥が深い神社でした。

今の桜の時期や、紅葉の季節に再度訪れてみたい神社でした。

太宰府日帰り観光でしたが、太宰府を満喫する事が出来ました。
平日でしたら、もう少しゆっくり観光出来そうです。

九州各地から博多までのJR往復割引きっぷや、ご宿泊先の手配など
トラベルネットにおまかせください!

[スタッフ ゆき]

ご旅行の相談なら、トラベルネットへ!
お待ちしております。


トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net
《営業日》
平日9:30〜17:30土曜9:30〜15:00
日曜・祝日休み

2018年3月29日(木)

太宰府神社めぐり(3)【天開稲荷社】

こんにちは、トラベルネットゆきです。

今回も、太宰府神社めぐりの続きです。

太宰府天満宮を参拝した後、人の並みに流され、天開稲荷社へ参拝に行きました。
天開稲荷社は太宰府天満宮の奥の宮だそうです。

DSC_2037
〔撮影日:2018年3月11日〕

天開稲荷社へ向かう途中、太宰府天満宮の本殿裏に一際大きな木があります。
夫婦楠です。
国指定天然記念物になっています。
夫婦が寄り添って立っている姿に見えるので、女夫岩楠と名付けられたそうです。

DSC_2028

更に奥に進んでいくと、梅園が広がります。
お茶屋さんがあり、外で梅の花を見ながら休憩している方々が沢山いました。

人並みが更に奥に進んでいたので、どんどん歩いていくと「天開稲荷大明神」の旗がありました。

DSC_2031
鳥居が見え、稲荷神社の雰囲気が出ます。

DSC_2032
最後に急な階段を登って本殿へ到着です。
約10〜15分くらい歩きます。

DSC_2033
天開稲荷社の本殿です。

天開稲荷社は、鎌倉時代末期に京都の伏見稲荷大社から御分霊を勧請された、九州最古のお稲荷さんと言われています。
その名の通り、「天に道が開け、運気がぐんぐん上昇する」開運の神様として信仰を集めています。

参拝の方法が変わっていて、手前の12本の鈴には干支が書かれています。
その鈴の中からの自分の干支の鈴を見つけて最初に鳴らします。
その後奥の大きな鈴を鳴らして、願いを込めて参拝をします。
十二支鈴参りと言うそうです。

本殿の更に奥には、奥の院もあります。

福岡随一のパワースポットと噂されている「天開稲荷社」太宰府に訪れた際には、是非参拝されてみてはいかがでしょうか?

[スタッフ ゆき]

ご旅行の相談なら、トラベルネットへ!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2018年3月22日(木)

太宰府神社めぐり(2)【太宰府天満宮】

こんにちは、トラベルネットゆきです。

今日は、太宰府観光の続き
太宰府と言えば「太宰府天満宮」のご紹介です。

DSC_2012
〔撮影日:2018年3月11日〕

太宰府天満宮は、天神さま(菅原道真公)をお祀りする神社です。
「学問・至誠・厄除けの神様」として、日本全国からご崇敬を集めています。

学問の神様で有名すので、受験合格祈願や学業上達祈願に参拝に行く学生も多いです。
私も、学生の頃に参拝に訪れた事があります。

_20180315_210333
鳥居を入り直ぐあるのが、御神牛です。
撫でた部分の病気が治癒し、頭を撫でれば賢くなると言われています。

DSC_2016
御神牛像は有名ですが、境内には「麒麟と鷽の像」もあります。

麒麟は、中国の空想上の動物で、徳のある王の治世に現れるとされています。
菅公御聖徳をたたえたものと言われています。
鷽は、毎年1月7日にある、
前の年に知らず知らずのうちについた全ての嘘を天神さまの誠心に取り替え、これまでの悪いことを嘘にして今年の吉に取り替える 「鷽替え(うそかえ)神事」縁の鳥で、幸運を運ぶ天満宮の守り鳥だそうです。

像の雰囲気から、まだ新しいものなのかと思っていたのですが、江戸時代末期に奉納されたものだそうです。
驚きました!

_20180315_211055
本殿では、ご祈願が行われていました。
沢山の方々が参拝に訪れて並んでいるのを見て、改めて人気の高さを実感しました。

DSC_2023
御神木の飛梅です。
もう、お花は大分散っていました。

DSC_2039
しだれ梅と牛さん。
DSC_2020
ピンクの梅は満開で綺麗でした。

_20180315_210212
参拝後、変わったおみくじがあったので、引いてみました。
鷽鳥みくじです。
何とも言えない表情が可愛いです。
足元の紐を引っ張るとおみくじが入っています。

太宰府さん、まだまだ見処が沢山ありますので、ゆっくり参拝したら、1時間は観光時間を見ていた方が良いかもしれません。

太宰府観光はまだまだ続きます。


[スタッフ ゆき]

ご旅行の相談なら、トラベルネットへ!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2018年3月16日(金)

太宰府神社めぐり(1)【参道編】

こんにちは、トラベルネットゆきです。

先週の日曜日に、福岡の太宰府に行ってきました。

大分からソニックで博多駅へ行き、
博多バスターミナルから出ているバス「旅人」に乗車して、太宰府へ!

旅人は、太宰府への直行バスなので便利です。
乗車時間は約40分、料金は片道600円です。

_20180315_210144
〔撮影日:2018年3月11日〕

しかし、いざバスターミナルに行くと日曜日と言う事もあり、太宰府行きは大混雑…。
1本目には乗車出来ずに、2本目に乗車する事が出来ました。

休日にバスを利用する場合は、お時間に余裕がある時が良いかもしれません。

太宰府参道周辺は、日曜日と言うこともあり、多くの人で賑わっていました。
sketch-1521118549485

丁度到着した時間がお昼で、まずは昼食にしようと思い参道を散策です。

DSC_2010
建築家の隈研吾氏により設計され、話題になった、スターバックスコーヒー「太宰府天満宮表参道店」です。
オシャレで思わず写真を撮りたくなるスポットですね。
海外の方達も沢山写真を撮っていました。


参道を歩いてどこもお食事処が満席な中、奇跡的に空いているお店を発見しました。

梅ヶ枝餅で有名な「かさの家」の向かいにある「笠乃家」です。
読み方は同じ名前ですが、全くの別のお店です。
20180311_123434983
〔笠乃家 TEL:092-922-5582〕

静かで落ち着いた空間で、ゆっくり座れました。
レトロなカフェのような雰囲気です。

20180311_123824132

私が頼んだメニューは親子丼です。
ふわトロの玉子に鶏肉が沢山入って汁だくの親子丼、美味しかったです!

店頭では、梅ヶ枝餅を焼いていて中でゆっくり食べることも出来ます。


昼食を食べて、次は太宰府天満宮へ参拝に向かいます。

[スタッフ ゆき]

ご旅行の相談なら、トラベルネットへ!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2018年3月15日(木)

スペースワールド・ザ・ファイナル

こんにちは、トラベルネットゆきです。
日曜日にもうすぐ閉園になる、スペースワールドに行って来ました!
スペースワールドの話題のCMがTVで流れる度に行かないとと思いつつ、最後の月にやっと行けました。
最後のスペースワールドです。

もうすぐ閉園と日曜日との事で、エントランスのチケット売場は大混雑。
私たちは事前にフリーパスチケット引換券を購入していたので、チケット売場に並ばず直ぐフリーパスチケットと交換してもらい入場出来ました。

DSC_1535
〔撮影日:2017年12月3日〕
エントランスには「27年間ありがとう!」と言う看板がありました。
スペースワールドは、小学校の修学旅行で行った場所なので閉園となると少し寂しいです。

DSC_1546
スペースドーム内で、27年間のあゆみ展をしていました。
歴代のパネルやグッズ・衣装など、スペワの歴史が詰まっています。

展示物は並ばずに見ることは出来たのですが、園内がとにかく人が多い!
人気のアトラクションは全て100分以上の待ち時間。
そうでもないアトラクションでも、30分位は並びました…。
けど、アトラクションも様々なファイナル企画をしていて面白かったです。

DSC_1582
アトラクションに余り乗らない方も、スペースワールド内は至るところに変な看板があり散策しながら探してみるのも面白いかもしれません。
写真以外にも、「分身注意」や「エイリアン注意」など沢山ありました。

また、ワンちゃんも入場可能で、観覧車はワンちゃんも一緒に乗れるゴンドラがあり一緒に楽しむ事も出来ます。

DSC_1590
DSC_1621
DSC_1595

日没後は、イルミネーションナイトが始まり約350万球の光が園内を灯します。
園内の至るところがキラキラしていて、とても綺麗でした!
夜のイルミネーションはオススメです。
DSC_1610
スペースワールドといえば、スペースシャトルです。
夜は、閉園までのカウントダウンや、お別れのメッセージなどを交互に映して流しています。

閉園迄あと僅かですが、賑わっているスペースワールドを存分に楽しめました。

皆さまも最後にスペースワールドへ行ってみては如何でしょうか?

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年12月6日(水)

コスモスと紅葉

2017年11月17日(金)

スタッフまりです。
福岡甘木と小郡方面に行ってきました。
秋です。紅葉です。お天気もで最高の行楽日和でした。

キリンビール福岡工場にあるコスモス畑はもう終わってると思っていたら
なんとまだ咲いてました。ラッキー
DSC_1366
(2017年11月16日撮影)

9月に行った如意輪寺(かえる寺)に
今回は紅葉と和尚さんの講和を聴きにいきました。
DSC_1387
5,000体のかえるさんの一部です。

来週あたりは境内中が真っ赤かな?
DSC_1385

早い紅葉の大木もありましたよ
すごい色でしょ。もうビックリ。
DSC_1384
この紅葉を観れただけでも行ってよかったわ。

早口和尚さんの講和は心に沁みてとても楽しい時間でした。
予約が必要ですが、お時間のある方はおすすめです。30分です。
お接待のお茶と一口饅頭がこれまた心に沁みます。



[スタッフまり]



ご旅行のご相談はトラベルネットまで!
お待ちしております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@travel.net

うみなかはなまつり2017

こんにちは、トラベルネットゆきです。

先週、福岡の海の中道海浜公園で開催されている、「うみなかはなまつり2017」に行ってきました。
台風が来る前でお天気がよくなかったのですが、満開のコスモスを見る事が出来ました。
DSC_0764
〔撮影日:2017年10月21日〕
花の丘は一面コスモスでいっぱいです。
ピンクや白のコスモスがとっても綺麗でした!

DSC_0773
ゆっくりとコスモスを観賞しながら花畑を散策しました。
花の丘の下にはベンチがあり、そこに座って観賞することも出来ます。

DSC_0805

DSC_0760
海の中道の中は、コスモス以外にもケイトウ・コキアなど秋の花々が咲いていました。

残念ながら台風21号の影響で花の丘のコスモスが散ってしまい、今年は綺麗なコスモスをお楽しみいただくことは難しいそうです・・・。

来年は是非満開のコスモスを楽しみに海の中道へ行ってみてはいかがでしょうか?

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年10月28日(土)

博多灯明ウォッチング2017

こんにちは、トラベルネットゆきです。
先週の土曜日に博多で開催された、「博多灯明ウォッチング2017」に行ってきました。

博多灯明ウォッチングは、千灯明と呼ばれる、夏場から秋口にかけ博多の神社や寺社で行われている神事が元になっています。
博多に古くから伝わるこの「千灯明」を芸術家が現代風にアレンジし灯明のアート作品がまちを彩るイベントです。

DSC_0841
〔撮影日:2017年10月21日〕
JR博多駅前には、スター・ウォーズの地上絵がありました!
12月に最新作が公開されるのを記念して作成されたそうです。

DSC_0814
次は櫛田神社の会場に行ってみました。
会場は観光客の方に埋め尽くされていました。

DSC_0812
灯明で作った地上絵「博多祇園山笠」です。
建物の2階から見る事が出来るのですが、迫力があります!

DSC_0818
山笠もライトアップされていて、とても綺麗でした。

DSC_0822

博多の街中のあちこちで、灯明の灯りでライトアップで美しく彩られて素敵なイベントでした。

[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年10月26日(木)
プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ