トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

臼杵・津久見・佐伯

うすき竹宵2017

こんにちは、トラベルネットゆきです。
先週の土日に臼杵市で開催された、「第21回うすき竹宵」に行って来ました。

「うすき竹宵」は、毎年11月の第一土曜日・日曜日に臼杵二王座周辺で行われています。
臼杵石仏を創らせたという土地の豪族・真名野長者の美しい娘・般若姫の霊が、都から「玉絵箱」と共に帰ってくる夜道を明るく照らしたという「真名長者の伝説」に基づいているといわれています。


DSC_0961
〔撮影日:2017年11月4日〕
うすきの伝統的な町並みを " 竹ぼんぼり " の光が包みます。
約2千万本の竹ぼんぼりを使っているそうです。

DSC_0948
八坂神社境内です。
ライトアップと竹のオブジェが綺麗です。

DSC_0916
稲葉家下家屋敷内も、竹のオブジェでいっぱいでした。
今年は風が強かったせいか、消えているものもありますがそれでも素敵です。
顔の形になっているのも面白い!

DSC_0909
臼杵石仏やふぐなど彫られている竹ぼんぼりもあります。

DSC_0891
旧真光寺のオブジェです。
とても人気で、中に入るのに20分くらい行列に並びました…!
寺内に工夫を凝らしたオブジェが沢山あり、幻想的で素敵な世界が広がっていました。
行列が出来るのに納得です。

DSC_0962
DSC_0971
竹宵を満喫していたら「般若姫行列」が行われいました。
お姫様美しいです!

城下町と竹ぼんぼりがマッチして、とても素敵なイベントでした。
是非また来年も行きたい、オススメのイベントです。


[スタッフ ゆき]

ご旅行のご相談はトラベルネットまで!
お待ちしております。

トラベルネット
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年11月9日(木)

水ノ子島灯台

2017年9月5日(火)
海賊焼を食べに行った時に、丁度四国と九州の真ん中にある
水ノ子島を知りました。
IMG_20170827_153803
[撮影日:8月27日模型の水ノ子島灯台]
昭和61年に無人化になるまで、水ノ子島灯台までは、
交代で、通っていたそうです。
灯台は、日本で3番目の高さ39.25mあるそうです。
水ノ子島海事資料館からは、望遠鏡で眺めることが出来ます。
「新喜びも悲しみも幾歳月」のロケ地にもなったそうです。
IMG_20170827_155345
資料館のおじさんの説明も楽しかったです。
職員の住居が資料館になっています。
剥製の渡り鳥館もちょっと不気味でしたが、一見の価値はあります。
IMG_20170827_155245
日曜日でしたのに、私達だけの入場だったようで、
800円は、電気代になったと感謝されました。
[スタッフ おけい]

ご旅行のお問い合わせはトラベルネットまで、ご連絡下さい。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

保戸島

2017年9月4日(月)

スタッフまりです。

以前遊びに行った保戸島の紹介です。
別府から津久見まで高速で1時間です。
津久見港から保戸島港まで高速船で25分で着きます。

島の風景は日本ではないような景色です。
DSC_0582

お昼は大川食堂で予約しました。
名物マグロの兜焼き(大人数でないと無理です)
DSC_0605
柔らくて癖がなくとっても美味しかったです。

昼食後、島内散策。
足腰丈夫でないと無理です。曲がりくねった狭い階段ばかり。

高台に上がると島内が一望です。
家並みはコンクリート作りの2階建てや3階建てばかりです。
狭い土地に建ててるので仕方ないですね!
DSC_0584

自家用車はなし。市場まで行き来する軽トラがありました。

船で一緒だった80歳くらいのおばあちゃんに「ご自宅はどこですか?」
って尋ねたら「あのお寺さんの上じゃ。」って。
お寺は見上げるほど高台にありました。元気でないと生活できませんね!


[スタッフまり]


ご旅行のご相談はトラベルネットまで!お待ちしております。
電話:0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

鶴御埼灯台

2017年9月1日(金)
早9月となりました。
IMG_20170827_145725
[撮影日:8月27日]
九州の最東端はご存知でしょうか?
九州で面積が一番大きい、相撲ファンならご存知
嘉風の出身地佐伯市の鶴御埼灯台です。
残暑厳しい日曜日に出掛けてきました。
人はまばらで、景観は能登半島みたいです。
IMG_20170827_125002
まず、海望パークで、腹ごしらえ。海賊焼きコースを
頂きました。カマス、緋扇貝、エビ、ササエ、イカ、おむすびを
焼きます。緋扇貝は、知らない方も多いと思いますが、色鮮やかで
まるで、色を付けていると思うほどです。
IMG_20170827_125109
鶴御埼灯台は、海抜200Mに立ち昭和56年に初点灯されて今も
航路の安全を見守り続けています。
恋人達の聖地でもあり、鍵が沢山つけられていました。

[スタッフ おけい]

ご旅行のお問い合わせはトラベルネットまで、ご連絡下さい。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

つくみイルカ島

こんにちは、トラベルネットゆきです。
津久見にある、うみたま体験パーク「つくみイルカ島」に行ってきました。

DSC_0018_1
〔撮影日:2017年6月〕

イルカ島は、大分市にある水族館うみたまごと津久見市のコラボレーションによって誕生したレジャー施設です。
自然の海にイルカが泳いでいる姿を見学できます。
イルカのパフォーマンスがあったり、イルカ以外の動物たちとのふれあいも体験できます。

P1010663
イルカパフォーマンスは、運が良ければ一緒にに参加出きるかもしれません。

P1010671
P1010678
自然の海の中で繰り広げられるイルカパフォーマンスはとにかくダイナミックで、プールとはまた違った迫力があります。
パフォーマンスが終わったあと、有料ですが、イルカと一緒に写真撮影が出来たり、イルカと一緒に泳いだり、ふれあい体験が出来ます。

P1010689

イルカの他にも、アザラシやペンギン、コツメカワウソなどがいて賑やかです。
また、イルカの赤ちゃんも今年の5月に誕生したそうです。
親子で泳いでいる姿は可愛いですよ。

イルカ島は普通の水族館とは違った雰囲気で、楽しかったです。


[スタッフ ゆき]

ご旅行のお問い合わせはトラベルネットまで、ご連絡下さい。
トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net


2017年7月14日(金)

風連鍾乳洞

こんにちは、トラベルネットゆきです。

臼杵市にある、風連鍾乳洞に行ってきました。
臼杵石仏より、自動車で30分くらいで到着します。

風連鍾乳洞は、国指定の天然記念物です。
奥行500mあり、洞内の気温は15〜16℃となっており、夏は涼しく、冬は暖かい天然のエアコンになっています。
P1010774
〔撮影日:2017年6月〕
受付で、懐中電灯を借りて洞内を見学します。


P1010722

狭い洞内に入っていき、探検隊になった気分でワクワクします!
P1010725

「亀さん」など、鍾乳洞にはそれぞれ名前が付いていました。
亀さんは、入り口付近にあり、洞内の一番奥にある竜宮城へ向かう、おとぎ話を思い起こさせる名前になっていました。
P1010767

一番奥の広いスペース、竜宮城です。
たくさんの鍾乳洞があり、圧巻でした。
暑い季節に、涼しい鍾乳洞の散策はオススメです。

P1010776

風連鍾乳洞の駐車場付近にある小川も、新緑が綺麗で、雰囲気がありました。


〔スタッフ ゆき〕

トラベルネット
TEL: 0977-21-5130
MAIL: web@k-travel.net

2017年7月12日(水)

プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ