トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

ぱしふぃっくびいなす

クリスマスは洋上で

2014年10月19日(日)

日本が誇る豪華客船「飛鳥供廖屬砲辰櫃鶸檗廖屬僂靴佞っくびいなす」のクリスマスクルーズをUPしました。
http://www.k-travel.net/cruise/plan.html

asuka2-18
飛鳥

_DSC6155s
にっぽん丸

15
ぱしふぃっくびいなす

12月になると各船は、華やかに彩られ、クリスマス仕様になります。
ホテルでのディナーを、今年はクルーズに変えてみてはいかがでしょう。
いつまでも心に残る、忘れがたいクリスマスになります。

2063601

おすすめクルーズ

2012年9月1日(土)

秋から来春までのクルーズを、次々UPしています。

九州にお住まいのお客様にイチオシのクルーズは、
「食のにっぽん丸」秋の台湾一周と釜山世界花火祭りクルーズ

_DSC6155s

コースのタイトル通り、台湾を一周して、釜山世界花火祭りで締めくくる感動クルーズです。世界最大級の花火は、なんと例年8万発以上。
今年は、例年より、もっと盛大に華麗に演出し、特別な花火も投入する予定だとか。

私も、一昨年の釜山花火を鑑賞しましたが、「すごかった」の一言です。
博多発着のとっておきの航海はいかがでしょうか。

にっぽん丸の他、飛鳥供△僂靴佞っくびいなすのクリスマスクルーズもご紹介しています。

お問い合わせお待ちしております。

[ちゃちゃ]

ディスプレイ♪

2012年8月23日(木)

ぱしふぃっくびいなすのノットボードに引き続き、
IMG_0998

IMG_1000

トラベルネットの店内では、スタッフちゃちゃさんが
ディズニークルーズで購入したミッキーちゃんが新たにディスプレイ
されています。

CIMG1228


このミッキーの笑顔に癒されてます
可愛すぎます

クルーズへのお申込みはこちら

<スタッフ サユリ>

小笠原クルーズ

2012年8月21日(

青い空、透明度の高い海。
世界自然遺産、小笠原は、東京からフェリーで25時間半かけて行くしかアクセス方法がないので、国内旅行とはいえ、なかなか行けない島です。

Fotolia_ogasawara13097726_XSs

小笠原クルーズは、毎回、発売後あっと言う間に満席になる人気コースです。

「ぱしふぃっくびいなす」の小笠原クルーズ
次回は2013年3月10日、神戸発
ぱしふぃっくびいなす 世界自然遺産 小笠原クルーズ


Fotolia_2470437_XSsFotolia_6770229_XSs

この時期は、小笠原近海に、出産と子育てのためにザトウクジラがやってきます。
アクロバティックなジャンプが魅力のザトウクジラに出会えるかも。
長い胸ビレを水面にたたきつけたり、体長15mもの巨体を空中に躍らせる姿は迫力満点!

どうぞお早目にお問い合わせください。

クルーズコース、更新中。
クルーズ一覧はこちらです。

[ちゃちゃ]

ノットボード

2012年8月6日(月)

トラベルネットの応接間に新入りした額です

いろんなロープの結び方を額に納めた物です
「ノットボード」というそうです
中央に舵輪やヨットもあります

IMG_0998

先日《ちゃちゃ》さんが
別府港発着の「小笠原クルーズ」の
ぱしふぃっくびいなす船内でGetしたの
IMG_1000

「PACIFIC VENUS」のロゴ入
船内でしか手に入らない限定物です

DSC03967



《スタッフ真里ちゃん》


小笠原クルーズ♪


2012年7月15日(日)


本日より[ちゃちゃ]は、
別府港発着 ぱしふぃっくびいなすで小笠原クルーズへ

小笠原諸島は2011年6月、人類共通のかけがえのない財産として日本で4件目の
ユネスコ世界自然遺産に登録されました。

東京から約1000km南にあり空港がなく、交通手段は東京から
週1便片道25時間30分の定期船が就航しているのみ
山には世界的に貴重な固有種、海には美しいサンゴや熱帯魚。
一年中イルカが泳ぎ、クジラも子育てにやってくる多彩な魅力に溢れた南国の楽園です

ogasawara2_FotoliaXS

ogasawara_FotoliaXS


<スタッフ サユリ>



小笠原クルーズ

2012年3月17日(

ユネスコ世界自然遺産に登録された小笠原には空港がありません。
交通手段は、東京から週1便の定期船利用で、片道25時間半かかります。
不便で行きにくい所だからこそ、希少な固有種が守られてきたのでしょう。

ogasawara2_FotoliaXS

交通費は2等船室利用で往復約5万円。
九州から行こうとすると、東京までの航空運賃も必要です。
宿泊費やお食事代も計算してみると、海外旅行並みの費用がかかるのです。
それでも行ってみたい小笠原

Fotolia_ogasawara13097726_XS1[1]

東京から1,000kmの小笠原へ、ぱしふぃっくびいなすで行きませんか?

7月15日 別府発着 5日間コースは、お一人様あたり168,000円(2名1室の場合)から。
九州の港から初の小笠原クルーズです。
こちらのコースは、残室が少なくなってきました。大人気の小笠原コースは、満室になるのが早いので、お早目にご検討下さいませ。

ogasawara_FotoliaXS

ogasawara3_FotoliaXS

16

クルーズなら、交通費も宿泊費もお食事代も込みです。
ローズバスプレゼント対象コースです。

にもおすすめクルーズコースはこちらのページでご案内しています。

[ちゃちゃ]

クルーズファンです

2012年2月5日(

20年程前・・・年齢がバレちゃう・・・って隠すの忘れていたけれど、
初めて初代飛鳥(現AMADEA)に乗船して以来、クルーズファンです。

飛鳥、ぱしふぃっくびいなす、にっぽん丸などに乗船した経験から、
先日のコスタ・コンコルディアの事故のニュースは、信じられない思いでした。
船長が、乗客より先に逃げるなんて

私がこれまでに乗った日本船のキャプテンは、クルーからも乗客からも尊敬される存在で、
キャプテンもクルーも、乗客を最優先する事は、疑う余地もありませんでした。

1泊あたり5万円以上する日本船と、1万円位のコスタ・コンコルディアでは、
船長のレベルも違い過ぎるのかしらと考えたけれど、値段ではないですね。
数千円のフェリーでも、数百円の遊覧船でも、緊急時には乗客を優先してくれると信じているからこそ
安心して楽しむ事ができます。

001
9日から乗船するディズニー・クルーズの乗船券が届きました♪

002
乗船券がブックレットになっていて、中に名前や部屋番号が印字されています。
フロリダのポートカナベラル港から出て、バハマ諸島をクルーズするので、
いっぱい写真撮ってきてホームページにアップしたいと思います。

[ちゃちゃ]

ぱしふぃっくびいなすを発見!!

2012年1月11日(水)

先週の日曜日に別府の観光港周辺を散策していると、ぱしふぃっくびいなすを発見!!

IMG_2756

神戸発着の別府・松山・瀬戸内海クルーズで別府港に寄港していたようです
この日は終日晴れだったこともあり、とってもいい写真が撮れました

IMG_2764

頑張って高崎山を入れて写真を撮ってみました
このあと、別府観光を終えた旅客の方々を乗せてぱしふぃっくびいなすは神戸へと帰っていきました。

私は船を見ながら、ふっとスイーツ(スイーツ=神戸)食べたい…と思って、帰りにドーナツを買って帰りました
私はやっぱり花より団子です

ぱしふぃっくびいなすのクルーズプランはコチラ

《スタッフ なお》

ぱしふぃっくびいなすで小笠原へ

2011年12月13日(火)

ユネスコ世界自然遺産に登録された小笠原には空港がありません。
交通手段は、東京から週1便の定期船利用で、片道25時間半かかります。
不便で行きにくい所だからこそ、希少な固有種が守られてきたのでしょう。

ogasawara2_FotoliaXS

交通費は2等船室利用で往復約5万円。
九州から行こうとすると、東京までの航空運賃も必要です。
宿泊費やお食事代も計算してみると、海外旅行並みの費用がかかるのです。
それでも行ってみたい小笠原

Fotolia_ogasawara13097726_XS1[1]

東京から1,000kmの小笠原へ、ぱしふぃっくびいなすで行きませんか?

4月3日 神戸発着 6日間コースは、お一人様あたり190,000円(2名1室の場合)から。
春休みなので、ご家族でクジラウォッチングはいかがでしょう。
ザトウクジラが出産と子育てのためにやって来るシーズンです。
 申し訳ありません、記事をUPした後に全カテゴリ満室になりました。
 現在キャンセル待ち受付中です。

7月15日 別府発着 5日間コースは、お一人様あたり168,000円(2名1室の場合)から。
九州の港から初の小笠原クルーズです。
 こちらのコースは、まだ空室がございます。
 大人気の小笠原コースは、満室になるのが早いので、お早目にご検討下さいませ。

ogasawara_FotoliaXS

ogasawara3_FotoliaXS

16

クルーズなら、交通費も宿泊費もお食事代も込みです。
ローズバスプレゼント対象コースです。

にもおすすめクルーズコースはこちらのページでご案内しています。

[ちゃちゃ]
プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ