トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

カナダ

ナイアガラ 〜霧の乙女号〜

ナイアガラの滝は、流れ落ちる水量は世界一で、
上から見ると水煙で滝がよく見えない程です。

427

429
カナダ滝に向かっていく霧の乙女号。

437
霧の乙女号で滝壺に近づくと、水しぶきを受けながらその迫力を間近で感じる事ができます。

ナイアガラ 〜レインボー・ブリッジ〜

416
カナダ滝

317
アメリカ滝

318
カナダとアメリカの国境に掛かる橋 「レインボー・ブリッジ」です。
車でも徒歩でも、これを渡って国境越えできます。

トロント 〜CNタワー〜

トロントのCNタワーです。開業から2007年までの32年間、世界で最も高い塔でした。
現在、電波塔としては、東京スカイツリー(634m)、広州塔(600m)に次いで3番目になりました。

a4e70f66-s[2]
入場料は35カナダドル。上の展望台まで上るのにプラス10カナダドル。高い!
東京スカイツリーの2,000円、天空回廊がプラス1,000円が安く思える程ですね。

297
床がガラス張りになっています。

291




トロント 〜ペットサロン〜

2013年8月8日(木)

トロントのペットサロン視察中です。

259
可愛い!

246
端正な顔立ちです。

249
ぴったり寄り添う仲良しさんは親子です。

バッファロー 〜荷物はどこへ?〜

2013年8月7日(水)

232
羽田空港からニューヨーク乗り継ぎで、バッファロー空港へ到着した時のこと。
ターンテーブルで、いつまで待っても荷物が出てきません。
書類に滞在先ホテルや電話番号を記入して航空会社に渡し、とりあえず目的地のトロントへ向かう事にしました。

270
レンタカーカウンターで渡されたキーを見ると”Nissan”です。予約していた車種と違うと言うと、「一番乗りやすくて、とてもいい車よ。」と。
「それは知っているけれど、日本車は日本で乗るから、アメリカではアメ車に乗りたい。」と言うと、Buickと替えてくれました。

234
アメリカからカナダへの国境越えは、車に乗ったままでパスポートチェックと簡単な質問をされただけでした。
良いお天気で、ドライブ日和です。

273
さて、荷物ですが、夕食を済ませてホテルに戻ったら届いていました。
どこを経由して来たのでしょう? 

カナダのお土産

2012年6月26日(火)

カナダ旅行から帰ってきたお客様が
帰国の報告にご来店

毎年、海外旅行に弊社を利用してくださるお得意様です
旅行先ではレンタカーを借りて移動していますが、
毎回、珍道中を繰り広げるご夫婦です

頂いたおみやげ

IMG_0863

IMG_0864

甘みを抑えててとっても美味しかったわ〜〜

ありがとうございましたm(_ _;)m


《スタッフ真里ちゃん》

ナイアガラの滝2

Niagara Falls7









ホテルの窓から見下ろしたナイアガラの滝。アップ料金がかかりますが、「滝見部屋」が人気です。

Niagara Falls8

大迫力!







Niagara Falls6

アメリカ側からの滝見ゴンドラ。
ゴンドラからカナダ滝を眺めて、上陸しないまま戻っていきます。





Niagara Falls9

金曜日と日曜日には、ライトアップに加え、花火が上がります。







[ちゃちゃ]

ナイアガラの滝

世界三大瀑布(イグアスの滝、ヴィクトリアの滝、ナイアガラの滝)の一つ、ナイアガラは「雷鳴が轟く水」という意味の言葉に由来しているとか。幅が広くて水量が多く、圧倒的な迫力です。
Niagara Falls4









ナイアガラ旅行2度目のお客様が、「以前来た時より迫力がある。」とつぶやきました。この滝は、可動堰で水量調節をしていて、オフシーズンの水量は、ピークシーズンの4分の1位に抑えられるので、時期によって迫力に差があります。
Niagara Falls2









可動堰で一部は水力発電に流します。
人工的に調節しないと、1年間に1m以上侵食するので、滝が見えるのを売り物にしているホテルやレストランも移動していかないといけませんね。調整する事で、3cm位に抑えているそうです。
Niagara Falls5









霧の乙女号。後ろのカップルの熱烈モードにも全く気付かず、滝に見入る2人。
ちょっと曇っているのは、滝の飛沫からカメラを守るため、ポケットティッシュの透明PP袋に入れて写したから。隣にいたアメリカ人のダンディーな男性が、「いいアイデアだ!ワタシも。」とティッシュを取り出したけれど・・・それは赤いチェック柄の袋でした。どんな写真が撮れたのでしょうか。
Niagara Falls3Niagara Falls1




 




[ちゃちゃ]




誘拐犯?

 休暇を取り、中学生の姪のYUKIちゃん、小学生の甥のFUMI君、それからバーゲンセールに燃える大学生のRISAちゃんを連れて、クリスマスをバンクーバーで過ごそうと、12/22に関西空港からエアカナダで出発しました。
機内未成年者だけの旅行では必要な「両親の旅行許可書」も、叔母である私が一緒だから「い〜らない!」と、お気楽に並んだ入国審査で想定外のNG。
イミグレーションオフィスに入ってから、何を疑われているのかが分かりました。
「あなたの子供?」
「両親とのトラブルはない?」
「あなたは今年3度目のカナダ入国だが、1月の入国スタンプがないのは何故?」
「あなたの海外渡航回数が多いのは何故?」
席を離れた間に、子供達に「彼女は本当に叔母さんなの?」と尋ねたり。
あれっ?もしかして誘拐犯とでも?
復路航空券と滞在先の確認が取れて、ようやく押してもらった入国スタンプ。いつもは当たり前のように押してもらっているスタンプって、実はとってもありがたいものだったのね。
YUKIちゃん曰く「二度と会いたくない怖いおじさん」の係官も、最後は笑顔で「良いクリスマスを!」って言ってくれたけれど、YUKIちゃんとFUMI君の初海外旅行は、どうも珍道中になりそうな予感。    〔ちゃちゃ〕

カナダ旅行日記・生イチロー

ブログネタ
カナダ に参加中!
セフコフィールドはとても選手との距離が近くて、最前列に行くと十分選手の顔を見ることができます。
良い席は満席になっていましたが、観客席の後ろからでも十分楽しむことができるので、私は自分の席を知らないまま試合終了まで歩き回っていました。
それと、私は知らなかったんですが、選手が打席に入っているときは前列の観客席を移動することができないんですね。通路に係員が立ってチェックしています。
ただ、ここの係員の人はとても親切で、写真を観客席の上から撮っていると「すぐ戻ってくれば一番前で撮っていいよ」と声をかけてくれました。
入り口で声をかけてくれた人もそうですが、ここの係員の人達は親切な人が多く、楽しく野球を見ることができますよ。
おかげで色々な角度から写真を撮れました。
ナンバー51イチローポーズ







イチローが打席に立つ時、そしてヒットを打つ度に大歓声が起きるのは、「流石イチロー」ですね。遠目で見てもカッコよさが伝わって来ました。
残念ながら試合はマリナーズの負けでしたが、また見に来たいと思える試合でした。
野球、あるいはイチローが好きな人は是非是非セフコフィールドまで足を伸ばしましょう。〔らっきー〕
イチロー
プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ