トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

ベトナム

ベトナムドン

いつもトラベルネットをご利用下さるMIYUKI様に、チケット類のご案内をしていました。
今回の行き先は、ベトナムです。

「ホーチミンシティとニャチャンの往復航空券は、2名様分で484万ドンで・・・」
「え〜っ484万って、いくらなの〜」と驚き、
「大丈夫です。今日のレートで18,800円です。」
「え〜っ2人分の往復が18,800円〜安い〜
今度は逆バージョンで驚いて、可愛い目を丸くされていました。

484万って言うと、やたら0が多いから、一瞬ドキッとしますよね。
両替すると、お金持ちになったような、お金の有難味が薄くなるような・・・。

ベトナムは、私も大好きな旅行先です。
到着日にアオザイをオーダーすると、翌日には出来上がります。
アオザイを着てディナーを楽しんで、翌朝クリーニングに出します。
日本に帰ってからクリーニングに出すと、シルクだから高いのです。

ベトナムやタイなど、物価の安い国では、帰国前日に下着類を除いて
何もかもクリーニングに出してしまいます
アオザイからTシャツやジーンズまで出して、2,000円でお釣りがきました。

PICT0077



「東洋のパリ」と言われるホーチミンシティは、フランスの統治時代に建てられた
芸術的な建物が多く残っています。
こちらは中央郵便局です。

120PICT0078



サイゴン大教会です。

PICT0043

世界遺産のハロン湾です。

[ちゃちゃ]

ホーチミンシティ

ホーチミンシティは、仏領時代のコロニアル様式の歴史的建造物と、近代的なビルと、喧騒の中でありとあらゆるモノが売られている熱気に包まれた市場が混在する魅力的な街です。

 ホーチミン2

 







ホーチミン1ホーチミン3






有名なベンタイン市場には、食料品や衣料品、靴、バッグ、ちょっとしたおみやげになりそうな雑貨もズラ〜っと並んでいます。値切り交渉もベトナムでのショッピングの楽しみのひとつですが、売り手もそれに備えてふっかけてくるので、要注意! 言い値の半額まで交渉してGETしたのに、国営百貨店では同じものにもっと安い定価がついていたりします。

ドンコイ通りのブティックでは、ベトナムの民族衣装アオザイをオーダーメイドすると、翌日にはホテルに届けてくれます。でも、帰国してからアオザイを着る機会はあまりないので、ワンピースなどをオーダーするお客様も多いのですが、料金は平均8,000円位でした。

ホーチミン4






夕方、雨が降りしきる中でもバイクの数は一向に減りません。道路を横断する時は、急がず、立ち止まらずそろそろ渡っていると、バイクの方がうまく避けてくれます。
また行きたくなる街、ホーチミンシティです。

〔ちゃちゃ〕

ハロン湾クルーズ

ハロン湾3

ユネスコ世界遺産に登録されているハロン湾は、ベトナムを訪れる旅行者に人気の景勝地です。

朝、ハノイのホテルを出発してバスに揺られること3時間半、中国国境にも程近いハロン湾に到着。クルーズ船に乗ってみると、奇岩の群れがどこまでも続きます。



ハロン湾1

ハロン湾2

 







「海の桂林」とも呼ばれていますが、こちらは海だけにスケールが大きくて、圧倒される感じです。


ハロン湾4
昼食は船内でシーフード料理を楽しみます。
メニュー以外にも、途中で船上生活者の筏に乗り込み、生簀のエビや貝、シャコなどを買うとコックさんが料理してくれます。



写真はトラベルネットのお母さん役 SETSUKOさん

途中上陸して鍾乳洞見学をして、再び船へ。
大小3,000もの奇岩を眺めながら船は進んでいきます。
デッキから景色をぼ〜っと眺めていると、日本での日頃の生活の方が非現実的に思えてきます。

〔ちゃちゃ〕

ロクシタンのエステ

1年ぶりにベトナムへ行ってきました!

値段優先のショッピング、マッサージ、エステと欲張りな私を受け入れてくれるホーチミンシティです。
中でも大満足なのが、ロクシタンのエステ。
長時間のフライトで乾燥しまくりの肌に、ロクシタンのシアバターは欠かせないアイテムですが、日本で購入すると小さな8ml入りで945円なので、エステなんてとても、とても・・・。
でも、ベトナムなら大丈夫!
120分のフェイス&ボティのパッケージが39USドルで、フェイスだけだと90分で22USドルから。

予約せずにホテルニューワールドのロクシタンに行ったところ、
「今日はできない。」と言われて、頭が一瞬真っ白。
予約手配がお仕事のはずなのに、自分の事になると計画性がなく、思いつきで行動してしまう自分が悲しい。
「明日帰国するから。」と諦めかけたところ、
「車で10分位の別店舗ならできる。」とのこと。それを早く言ってよね〜。
なんと、ホーチミンシティにはロクシタンが7店舗もあったのです。

タクシーで約10分で3/2通り店に到着。お店の前で店員さんが待っていてくれました。こちらは、ショップの2階がエステになっていて、バラの花びらが浮いたジャグジーなんかはありませんが、こじんまりしたエステルームは清潔で高級感があります。

「次回休みが取れたら、ホーチミンシティでエステ三昧しよう。」とか考えているうちに熟睡モード。120分のうち90分以上眠っていたけど、幸せ時間でした。

日本語を話せるスタッフはおらず、予約は英語になりますが、店舗に行くと日本語で書いたメニューがあります。
乾燥肌の方には特におすすめしたいエステです。

ロクシタン

 

 

〔ちゃちゃ〕

 

プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ