ボーイング社エバレット工場

バンクーバーから日帰りでシアトルに行った目的は、ボーイングの工場見学です。
平日のみ1日6回、所要時間1時間程度の見学ツアーが催行されています。

ボーイング社エバレット工場

最初に、この奥にあるシアターで、ボーイング社の歴史と777型機の製造工程の映画を観ます。
約10ヶ月かかる工程を短縮していて、みるみるうちに巨大な航空機が出来上がる様が面白いです。

ボーイング社エバレット工場

それからバスで移動して工場へ。壁がず〜っと続きます。
ギネスブックに載っている巨大な工場の容積は1,330万?、床面積39万8千m²。
数字ではピンときませんが、工場の中に組立中の航空機が並んでいるのを見ると圧倒されました。
地下通路進み、大型のエレベーターでB747の工場を見下ろせる展望フロアへ。
壮大な眺めです。
並んでいるジャンボ機も巨大だけど、何しろ建物が巨大だから、空港で見るよりは小さく感じます。
働いている人間は更に小さく、ゆったり動いている様に見えます。
中は写真撮影禁止なので、アップできないのが残念

その後は、一旦外へ出て、再びバスで移動し、B777とB787のラインへ。
中央の展望デッキから見おろすと、左右のラインに航空機がお行儀良く並んでいます。
塗装前ですが、尾翼には発注した航空会社のマークが付いています。
全日空や大韓航空のシンボルマークも。

ボーイング社エバレット工場

完成した飛行機は、発注した航空会社のパイロットが引き取りに来て、
こちらの滑走路から飛び立って行きます。
面白かった〜

〔ちゃちゃ〕