トラベルネットのスタッフブログ

旅行情報、添乗員のエピソード、スタッフの日記等をつづったブログです。

宇佐市

東椎屋の滝

こんにちは、トラベルネットゆきです。
地獄極楽を観光後、東椎屋の滝へ行きました。

東椎屋の滝は、地獄極楽から車で約10分ほどです。
別府市内からは、車で約40分です。
日本の滝百選に選ばれており、日光の華厳の滝に似ているところから、「九州華厳」とも称されています。
高さ85mの断崖を落下する様は圧巻です。

DSC_0222
〔撮影日:2017年7月15日〕

入り口から滝まで、片道約15分ほど歩きます。
私たちが行ったときには、観光バスが停まっており沢山の人達が観光に来ていました。

DSC_0233
滝まで続く途中の渓谷や、綺麗な水が流れており下流で子供達が水遊びをしていました。

DSC_0226
一番奥に行くと、大迫力の滝です!
滝つぼの近くに行くと、水しぶきが凄く、冷んやりとした風が来てマイナスイオンをたっぷりと浴びることが出来ました。

今回は見ることはできませんでしたが、滝つぼの岩壁に、観音様が彫られているそうです。

夏の暑い季節の避暑地に、東椎屋の滝に訪れて見てはいかがでしょうか?

[スタッフ ゆき]

大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年7月27日(木)

地獄極楽(極楽編)

こんにちは、トラベルネットゆきです。

「桂昌寺跡 地獄極楽」の続きになります。
地獄窟を通り、極楽へ向かいました。

DSC_0205
〔撮影場所:2017年7月15日〕

極楽窟の中は釈迦如来や弥勒菩薩など洞窟の中に石仏が所々あります。
全部で22体ほどあるそうです。

DSC_0209

直ぐに太陽へと続く出口があり、極楽が広がっていました。
ずっと狭い洞窟内を進んでいたので、外がよりいっそう明るいです。

DSC_0212

外に出て、さらに奥に行くとまた洞窟がありました。
極楽浄土へとつながる洞窟だそうで、奥に入ると鎖があり、それを登ると極楽浄土へと繋がっているそうです。
極楽浄土へ行く道は難しい道のりでした。
私は、鎖は登れそうに無かったので登りませんでした・・・。
ですが、登れない方でも外に極楽浄土まで続く登り道があり極楽浄土を見ることが出来ます。

DSC_0217

極楽浄土の登り道を進んでいくと、斜面に石仏がいたるところにあります。

DSC_0215

最終地点の洞窟の鎖の繋がっている場所からの景色です。
高さがあり、見晴らしが良いです。
石仏も洞窟に繋がっている穴の周りに沢山あり極楽浄土がありました。
斜面が急で登るのが大変でしたが、達成感がありました。

最後に、記帳ノートが礼拝堂にあったので、記帳をして地獄極楽を後にしました。
地獄極楽と一度に体験出来るスポットは中々無いので、面白かったです。


[スタッフ ゆき]


大分県内タクシー観光のご予約も承っております。
お問合せ、ご予約はコチラから。

トラベルネット
電話 :0977-21-5130
E-Mail:web@k-travel.net

2017年7月26日(水)

プロフィール
国内・海外旅行、クルーズならトラベルネットにお任せ!
投票ボタン
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ